ロン・デニス  イギリス

  • 氏名 ロン・デニス
  • 生年月日 1947年6月1日
  • 出身地 イギリス・サリー州ウォーキング
  • 年齢 67歳142日
  • チーム マクラーレン
  • その他 チーム代表
driver portrait
プロフィール

実のところ、メカニックとしてキャリアをスタートさせたとはいえ、F1でフェラーリに次ぐ最重要チームを率いるまでに上り詰めたことが聡明なやり手としてのロン・デニスを生み出したと言える。

1996年にクーパーでF1での仕事を始めたデニスはブラバムへ移籍し、1971年に自身のチームであるロンデルを立ち上げるまで在籍した。同チームは当初F2に参戦したが、1970年代の終わりにはプロジェクト4を立ち上げてBMW M1と共にF1のサポートレースであるBMWプロカーシリーズでも戦っている。

マールボロの支援を得たデニスは1980年にチームをマクラーレンと合併させ、マクラーレン・インターナショナルへと生まれ変わった。デニスのプロフェッショナルなアプローチがチームに勝利を呼び戻し、1980年代にはニキ・ラウダ、アラン・プロスト、アイルトン・セナといったチャンピオンたちを擁してF1界を席巻。メルセデスとのパートナーシップはチームをさらなる高みへと押し上げるにとどまらず、ウォーキングに構える本部にて公道向けの特別なスーパーカーの製作に取り組んでいる。

デニスは2009年にマクラーレン代表を退き、マーティン・ウィットマーシュに後を託す。

しかし、デニスがF1から遠のいていた期間も2014年1月に終了。1980年より以降で初めて表彰台のないシーズンに終わった前年を受け、グループCEOとしてチームに戻ってきたのだ。最初の一手としてウィットマーシュを退け、ロータス代表だったエリック・ブーリエをレーシングディレクターとして迎えたデニスの目標はマクラーレンをグリッド上位へと復活させることだ。

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年10月4日

インタビューを受けるデニス

2014年10月4日

ブーリエとデニス

2014年7月19日

ガレージでモニターを見つめるデニス

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ