フランク・ウィリアムズ卿  イギリス

  • 氏名 フランク・ウィリアムズ
  • 生年月日 1942年4月16日
  • 出身地 イギリス サウス・シールズ
  • 年齢 72歳139日
  • チーム Wolf-Williams, ウィリアムズ
  • その他 チームオーナー
driver portrait
プロフィール

体に障害を抱えながらも、フランク・ウィリアムズ卿にとっては、F1で9度のコンストラクターズタイトルと7人のチャンピオンを生んだチームの運営こそが、心のよりどころとなっている。

ドライバーとしては開花することなく、短いキャリアを追えたウィリアムズ卿ではあったが、1966年にフランク・ウィリアムズ・レーシング・カーズを設立。初のF1マシンは古いブラバムのシャシーをベースにしたもので、F1経験豊富な旧友のピアス・カレッジがドライバーを務めた。カレッジは2度の2位表彰台を獲得している。

長年にわたり多くのビジネスパートナーと関わってきたウィリアムズ卿だが、そのすべてが成功したわけではない。1976年、どうしても資金が必要だった彼は石油王ウォルター・ウルフと手を組む。チームを存続させるという目的は達したものの、所有権は手放すことになってしまった。彼はその後、モータースポーツの歴史の中で最も長く、最も大きな成功を収めることになるパートナー、パトリック・ヘッドを連れて1977年に独立した。

2人はジドコットに古いカーペット工場を買うと、ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリングを立ち上げる。ここから運気が上向き始め、1979年にクレイ・レガツォーニがチームの初勝利を達成、1980年にはアラン・ジョーンズがタイトルを獲得し、1982年にはケケ・ロズベルグが続いた。

悲劇が訪れたのは1986年。フランス、ポールリカール・サーキットでのテストから帰宅中に、ウィリアムズ卿が大きな自動車事故に巻き込まれる。事故で脊柱を損傷し、体にまひを負ってしまったのだ。同乗していたF1ジャーナリストで、USF1の代表者に就任したピーター・ウィンザーは軽いケガだけで済んだ。しかし、車いす生活になってもなお、ウィリアムズ卿の情熱はとどまるところを知らず、彼はすぐにパドックに復帰した。チームは1986と1987年に連続コンストラクターズタイトルを獲得し、その後も5回のタイトルを手にしている。

1994年、ウィリアムズのステアリングを握っていたアイルトン・セナがイモラで事故死。チームは偉大なチャンピオンを失ったばかりでなく、フランク、ヘッド、エイドリアン・ニューイはイタリア当局に過失致死の罪で訴えられるという追い打ちをかけられた。裁判が結審したのは2005年のことであり、3人に非はないという結論が出されている。

2008年のモナコGPでは競技者として600回目のレースを祝い、同年イタリアGPではコンストラクターとしての500戦目のグランプリを迎えたウィリアムズ卿。

ここ数年チームの勢いは衰えているものの、このカリスマ的指導者と30年の歴史を持つチームは決してあきらめない。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2013年5月10日

タイミングモニターを見つめるウィリアムズ代表

2012年10月17日

フランク・ウィリアムズ卿

2012年10月17日

イベントにてウィリアムズ代表と話すマルドナド

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ