ドライバー

/ ジョージ・ラッセル

ジョージ・ラッセル  イギリス

driver portrait
プロフィール

ジョージ・ラッセルは1998年2月15日にイギリスのキングス・リンに生まれる。2006年、8歳の時からカートを始め、2009年にイギリスMSAカデットクラス、ブリティッシュ・オープンでチャンピオンとなる。2010年にスーパーワン、フォーミュラ・カート・スターズのイギリスチャンピオン、更にカートマスター・ブリティッシュ・グランプリで優勝する。翌年はSKUSAスーパーナショナルのタイトルを獲得。2012年と2013年はCIK FIAヨーロッパジュニアチャンピオンを獲得しカートを卒業する。翌年からシングルシーターに移り、2014年にBRDCフォーミュラ4でタイトルを取る。同年マクラーレン・オートスポーツBRDCヤングドライバーアワードを受賞。2015年からFIA F3ヨーロッパ選手権にエントリーし、2016年は優勝2回、表彰台10回のランキング3位でシーズンを終える。2017年にラッセルはメルセデス・ジュニアチームに加入、GP3に舞台を移し優勝4回、表彰台7回でタイトル獲得。2018年はFIA F2選手権にステップアップし、7勝を挙げタイトル獲得。同時にメルセデスF1のリザーブドライバーの役割もこなした。

2018年10月、メルセデスのパワーユニットを搭載するウィリアムズから2019年シーズンのレギュラードライバーとして起用されることが発表された。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2018年11月28日

コックピットで待機するラッセル

2018年11月27日

集中して作業に取り組むラッセル

2018年11月27日

ウィリアムズのコックピットに座るラッセル

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ