ドライバー

/ ランス・ストロール

ランス・ストロール  カナダ

  • 氏名 ランス・ストロール
  • 生年月日 1998年10月29日
  • 出身地 カナダ・ケベック州モントリオール
  • 年齢 18歳147日
  • 身長 1.8 m
  • 体重 70 kg
  • 現所属チーム ウィリアムズ
driver portrait
プロフィール

カナダの富豪、ローレンス・ストロールの息子であるランスは10歳のときにカートを始め、地元での活躍を経て2011年にヨーロッパへ渡る。その力が認められ、2010年にはフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員に指名された。

2014年にはカートを卒業してイタリアF4選手権で優勝。翌年はフェラーリの開発ドライバーを務める傍らでトヨタ・レーシング・シリーズの王者に輝いた。また、ヨーロッパF3選手権で5位につけている。

2015年末にフェラーリのプログラムを離れたストロールは2016年にウィリアムズの開発ドライバーに就任すると共に、参戦2年目のヨーロッパF3選手権で14勝を挙げて戴冠を遂げる。

2017年にはウィリアムズのレースシートを射止め、弱冠18歳でF1のグリッドに並ぶことに。当初はバルテリ・ボッタスと組む予定だったものの、同ドライバーがメルセデスへ移籍したため、引退を撤回してウィリアムズに復帰したベテランのフェリペ・マッサとコンビを組む。カナダ出身のドライバーがグランプリに参戦するのは、1996年にウィリアムズでデビューし、2006年にF1を去ったジャック・ビルヌーブ以来のことだ。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2017年3月24日

マシンのセットアップを煮詰めるストロール

2017年3月23日

メディアの質問に笑顔で答えるストロール

2017年3月23日

FIA木曜記者会見に出席したドライバー

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ