マーカス・エリクソン  スウェーデン

driver portrait
2014年の世界選手権
# Grand Prix Circuit Date Car Pos Pts Qual FL
1 オーストラリア アルバート・パーク 3月16日 ケータハム (CT05) - 19
2 マレーシア セパン 3月30日 ケータハム (CT05) 14 21
3 バーレーン サヒール 4月6日 ケータハム (CT05) - 20
4 中国 上海 4月20日 ケータハム (CT05) 20 20
5 スペイン カタロニア 5月11日 ケータハム (CT05) 20 19
6 モナコ モナコ 5月25日 ケータハム (CT05) 11 22
7 カナダ モントリオール 6月8日 ケータハム (CT05) - 20
8 オーストリア シュピールベルク 6月22日 ケータハム (CT05) 18 20
9 イギリス シルバーストーン 7月6日 ケータハム (CT05) - 21
10 ドイツ ホッケンハイム 7月20日 ケータハム (CT05) 18 22
11 ハンガリー ハンガロリンク 7月27日 ケータハム (CT05) - 19
12 ベルギー スパ 8月24日 ケータハム (CT05) 17 22
13 イタリア モンツァ 9月7日 ケータハム (CT05) 19 22
14 シンガポール シンガポール 9月21日 ケータハム (CT05) 15 22
15 日本 鈴鹿 10月5日 ケータハム (CT05) 17 17
16 ロシア連邦 ソチ 10月12日 ケータハム (CT05) 19 16
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
2014 Caterham 16 16 0 0 11 11 0 0 16 0 0 0 -
Total 16 16 0 0 11 11 0 0 16 0 0 0
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 オーストラリアGP アルバート・パーク 2014年3月16日 レース結果
ラストレース ロシアGP ソチ 2014年10月12日 レース結果
プロフィール

2014年のグリッドにまた一人のニューフェイスが加わった。GP2で4年戦った末にケータハム入りしたマーカス・エリクソンだ。

スウェーデン中央部のクムラに生まれたエリクソンは1998年にモータースポーツの道を歩み始め、地元のカート・サーキットで新たなラップレコードを刻んだ。すぐに自身のカートを手に入れたエリクソンは国内イベントでレースを開始し、インディカーチャンピオンであるケニー・ブラックの目にとまる。

ブラックはエリクソンの契約をまとめる手助けをし、当時まだ16歳だったエリクソンは2007年に英フォーミュラBMW選手権で7勝を上げてタイトルを獲得した。イギリスF3選手権へと進んで初年度を5位で終えたエリクソンは、ヨーロッパF3でいくつかのレースに参加する傍ら全日本F3にフル参戦。日本では参戦1年目にしてタイトルを勝ちとり、その年の終わりまでにGP2アジアシリーズ進出を果たしている。

2010年はSuper NovaからGP2にフル参戦し、バレンシア市街地サーキットのスプリントレースで初めての優勝を飾った。2011年にiSportへ加入するが、全体的に前年を上回るシーズンを送りながらも勝利を決めることはできなかった。

2012年スパ・フランコルシャンでフューチャーレス初勝利を達成すると、2013年にはチャンピオンチームのDAMSへ移籍。しかし、前年にダビデ・バルセッキが成し遂げた成功を繰り返すことはできず、ランキング6位でシーズンを終えている。

それにもかかわらず、パーソナルスポンサーの助力も相まってケータハムのレースシートを獲得するに十分だった。小林可夢偉のチームメイトとしてこのチャンスを自分のものにできるかどうかはこれからだ。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年10月10日

ソチの感触を確かめるエリクソン

2014年9月7日

第1シケインを通過するエリクソンと可夢偉

2014年9月6日

ミディアムタイヤでプッシュするエリクソン

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ