ドライバー

/ エステバン・オコン

エステバン・オコン  フランス

driver portrait
2020年の世界選手権
# Grand Prix Circuit Date Car Pos Pts Qual FL
0 バーレーン サヒール 3月22日 ルノー (R.S.19) - 5
1 オーストリア シュピールベルク 7月5日 ルノー (R.S.19) 8 4 14
3 ハンガリー ハンガロリンク 7月19日 ルノー (R.S.19) 14 14
4 イギリス シルバーストーン 8月2日 ルノー (R.S.19) 6 8 9
5 イギリス 8月9日 ルノー (R.S.19) 8 4 14
6 スペイン カタロニア 8月16日 ルノー (R.S.19) 13 15
7 ベルギー スパ 8月30日 ルノー (R.S.19) 5 10 6
8 イタリア モンツァ 9月6日 ルノー (R.S.19) 8 4 12
9 イタリア 9月13日 ルノー (R.S.19) - 10
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
2016 Renault, Manor 9 9 0 0 9 12 0 0 18 0 0 0 -
2017 Racing Point 20 20 0 0 19 5 0 0 3 0 0 87 8
2018 Racing Point 21 21 0 0 15 6 0 0 3 0 0 53 11
2020 Renault 9 9 0 0 7 5 0 0 5 0 0 30 12*
Total 59 59 0 0 50 5 0 0 3 0 0 170
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 ベルギーGP スパ 2016年8月28日 レース結果
ラストレース イタリアGP 2020年9月13日 レース結果
プロフィール

エステバン・オコンにはカート時代からF1への道が開かれているかのようだった。国内および国際レベルで大成功を収めたオコンは2012年にシングルシーターに挑戦する。同年のフォーミュラ・ルノー2.0で14位に入り、翌年はARTジュニアチームに移籍。初勝利を経験してランキング3位につけた。

直ちにロータスが獲得に動き、若手育成プログラムのメンバーになったオコンは2014年のユーロF3でトム・ブロンクビストとマックス・フェルスタッペンを抑えて優勝を決めた。2015年のロータスリザーブドライバー職は逃したものの、2016年はロータスを前身とするルノー・スポールF1チームでサード兼リザーブドライバーを務める傍ら、メルセデスからドイツ・ツーリングカー選手権に参戦することに。

2016年の前半戦が終わるまでにルノーを駆って4度の金曜フリー走行参加を果たし、インシーズンテストでも経験を積んだオコンは、契約問題を抱えたリオ・ハリアントの後釜として8月にマノーのレギュラードライバーに取り立てられ、ベルギーGPでF1レースデビューを飾ることが決まった。9戦に出場したオコンがポイントを得ることはなかったものの、シーズン頭から参戦していた相棒のパスカル・ウェーレインに見劣りしない走りを披露し、シーズン終了前にフォース・インディアと複数年契約を結んだことが発表された。

より競争力のあるチームに移籍し、実力を評価されるドライバーであるセルジオ・ペレスと組んだ2017年は、オコンにとって飛躍の年となった。時にペレスを凌ぐ走りを披露したオコンは全20戦中18レースでポイントを獲得し、最高位は第5戦スペインGPと第18戦メキシコGPの5位。僚友に次ぐランキング8位の成績は立派なものだが、一方でペレスとの同士討ちによって失われたチャンスもあった。チームメイトは最良の指標であると同時に、最大のライバルでもある。

ペレスとのコンビを継続して迎えた2018年、チームの資金難のためか開幕から前年ほどのパフォーマンスが発揮でない状態が続いた。開幕からの5戦で獲得できたのは第2戦バーレーンGPの1ポイントのみ。その後は徐々にポイント圏内でフィニッシュするレースも増えた。シーズンのベストリザルトは6位を4回、中でも第13戦ベルギーGPでは予選3番手を得ている。第20戦ブラジルGPでは、ルール上認められているものの周回遅れからトップのフェルスタッペンをパスしようとして接触、物議を醸した。最終的にはランキング12位でシーズンを終えた。

シーズン中にランス・ストロールの父親がチームの新オーナーとなった影響で、フォース・インディアはレーシング・ポイントとして生まれ変わり、ランス・ストロールが加入することになった。このため、オコンは2019年のシートを確保することができず、メルセデスのリザーブ兼テストドライバーとして1年を過ごした。シーズン中盤、メルセデスはこの年で契約が切れるバルテリ・ボッタスの後任としてオコンのレギュラードライバー昇格を検討したが、結局ボッタスとの契約を延長することを決定した。結局オコンはルノーと2年契約を結び、2020年からレギュラードライバーとして復帰する。

ノート

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2020年9月12日

コーナーを立ち上がるオコン

2020年9月11日

必死にペースアップを図るオコン

2020年9月10日

サーキットに到着したオコン

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ