ロバート・クビサ  ポーランド

  • 氏名 ロバート・クビサ
  • 生年月日 1984年12月7日
  • 出身地 ポーランド・クラコウ
  • 年齢 30歳18日
  • 身長 1.83 m
  • 体重 72 kg
  • チーム BMWザウバー, ルノー
driver portrait
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
2006 BMW Sauber 6 6 0 1 5 3 0 0 6 0 0 6 16
2007 BMW Sauber 16 16 0 0 13 4 0 0 4 0 0 39 6
2008 BMW Sauber 18 18 1 7 16 1 1 3 1 0 0 75 4
2009 BMW Sauber 17 17 0 1 14 2 0 0 4 0 0 17 14
2010 Renault 19 19 0 3 16 2 0 1 2 1 0 136 8
Total 76 76 1 12 64 1 1 4 1 1 0 273
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 ハンガリーGP ハンガロリンク 2006年8月6日 レース結果
ラストレース アブダビGP ヤス・マリーナ 2010年11月14日 レース結果
プロフィール
© Getty Images

将来のワールドチャンピオンと目されていたロバート・クビサだが、2011年のラリー中のクラッシュでF1キャリアが絶たれて以来、1勝という記録を伸ばすことはもうないのかもしれない。このアクシデントは、それまでに決して才能に匹敵するマシンを与えられたことのなかった、最も人気あるドライバーの一人をF1から奪い去った。クビサの類まれな才能を知りたければ、モンテカルロ市街地サーキットを走るオンボードカメラの映像を見るだけでいい。

2010年のルノー移籍でその才能を示し、2011年の期待は否が応でも高まっていたが、プレシーズン中にクビサは災厄に襲われた。イタリアのラリーイベントで右腕を失いかける大ケガを負いながら、F1復帰の期待をかけてリハビリテーションを続けていたクビサだが、後になって復帰は"ほとんど不可能"だと話している。

カートで活躍していたクビサがフォーミュラ・ルノー2000ユーロカップでデビューしたのは2001年。翌年にはF3ユーロシリーズにステップアップした一方で、2005年に挑戦したワールドシリーズbyルノーでチャンピオンに輝くまでは、タイトルとは無縁のドライバーだった。それでも、その活躍によってF1チームの注目を集め、タイトル獲得のご褒美としてルノーのチャンピオンマシンをドライブするチャンスを得る。

2006年にはBMWザウバーとテスト兼リザーブドライバー契約を結び、ジャック・ビルヌーブの離脱により、同年ハンガリーGPでレースデビュー。F1初戦をポイント圏内でゴールしたものの、マシン重量がわずかに軽かったことで失格となる。しかしデビュー3戦目のイタリアGPでは最高の走りを見せ、見事3位表彰台に上った。

初めてのF1フルシーズンとなった2007年はランキング6位。最も注目を集めたのはカナダGPでの大クラッシュと言えよう。幸運にも、クビサは次戦アメリカGPを欠場するだけでレースに復帰できており、近代F1の安全性の高さを立証することとなった。

2008年のクビサはチームメイトのニック・ハイドフェルドよりも圧倒的な輝きを放ち、1年前に大クラッシュを味わったカナダGPでBMWザウバーと自身のF1初勝利をマークする。タイトル争いに加わったクビサだが、シーズン終盤になってチームは2009年のマシン開発(特にKERS開発)に重点的に取り組むようになる。これもあって、クビサはランキング4位でシーズンを終えた。

2009年はタイトル争いに加わると予想されたBMWザウバーだが、F1.09は先頭争いをするほどのパフォーマンスを発揮できず、シーズン中盤になると、BMWが2009年限りでのF1活動終了を宣言し、スイス・ヒンウィルに本拠を置くチームが売却に出されてしまった。

クビサに残された選択肢は少なく、最終的にはルノー移籍を決断。チームは過去数年、苦戦を強いられていたものの、クビサは加入してすぐにチームに溶け込み、フェルナンド・アロンソの後任としての能力を証明してみせる。

2011年のアクシデントですべてが保留になるものの、2013年、ついにクビサはヨーロッパラリー選手権でレース復帰を果たす。2014年もラリー参戦を続けるが、F1復帰はどうやら難しそうだ。

【長所と短所】

ドライバーの腕が試されるモナコやスパ・フランコルシャンのようなサーキットで、クビサはその力を大いに発揮する。以前はマシンが速さを発揮できない時は低調な結果に終わり、チームメイトよりもポテンシャルを示せないことが多かったが、ルノーに加入してからはそれが見られなくなった。

【キャリア最高の瞬間】

今のところF1唯一の勝利を挙げたのは2008年カナダGP。ピットレーン出口が赤信号だったのを見落としたルイス・ハミルトン(マクラーレン)が、停止していたキミ・ライコネン(当時フェラーリ)に追突し、両者リタイア。適切なタイミングで適切なポジションにつけていたクビサは、運を味方につけてBMWザウバーを1-2フィニッシュに導いた。

【キャリア最低の瞬間】

2011年シーズン開幕直前、イタリアのラリーイベントでクラッシュを喫して大ケガを負い、開幕参戦がかなわなくなったこと。2013年にクビサはケガの影響でF1復帰がかなり厳しそうだと認めている。

【注目のコメント】

ロバート・クビサ

「F1における政治的な動きの中では、今年の問題が最悪だったし、僕たち自身にどのぐらいダメージを与えたか見当もつかないよ。僕がしたいのは、僕が愛しているドライビングに100%集中することさ。だけど、それさえ可能じゃなかったんだ」

「僕の仕事では、たくさんの動き、高速走行、そして激しい騒音に囲まれるのが常だ。だけどポーカーとボウリングは、もっと落ち着いているんだよね」

【トリビア】

レースから離れたクビサは、スヌーカー、ポーカー、ボウリングを趣味としている。クビサのヒーローは、スヌーカーの伝説的プレイヤーであるロニー・オサリバンだ。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年10月5日

WRCのマシンに乗り込んだクビサ

2014年6月26日

WRC:母国ラウンドで疾走するクビサ

2014年5月10日

WRC:フォード・フィエスタRSを駆るクビサ

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ