ジャック・ビルヌーブ  カナダ

driver portrait
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
1996 Williams 16 16 4 11 13 1 3 9 1 6 0 78 2
1997 Williams 17 17 7 8 11 1 10 13 1 3 2 81 1
1998 Williams 16 16 0 2 13 3 0 1 2 0 0 21 5
1999 BAR 16 16 0 0 4 8 0 0 5 0 0 0 -
2000 BAR 17 17 0 0 13 4 0 0 4 0 0 17 7
2001 BAR 17 17 0 2 11 3 0 0 6 0 0 12 7
2002 BAR 17 17 0 0 10 4 0 0 7 0 0 4 12
2003 BAR 15 14 0 0 7 6 0 0 6 0 0 6 16
2004 Renault 3 3 0 0 3 10 0 0 9 0 0 0 -
2005 Sauber 19 18 0 0 15 4 0 0 4 0 0 9 14
2006 BMW Sauber 12 12 0 0 8 6 0 0 6 0 0 7 15
Total 165 163 11 23 108 1 13 23 1 9 2 235
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 オーストラリアGP アルバート・パーク 1996年3月10日 レース結果
ラストレース ドイツGP ホッケンハイム 2006年7月30日 レース結果
プロフィール

ジャック・ビルヌーブは11歳のときにF1レースのクラッシュで父ジルを亡くしたものの、ビルヌーブの名を多くの人々がワールドチャンピオンのリストに連ねるにふさわしいと認めるものとして守っている。

本格的に父の足跡を追い始めたのはジャック15歳のとき。父ジルが通ったケベックのレーシングスクールに参加した。1989年から3年間をイタリアF3で戦い、続いて全日本F3へ舞台を移すと、デビューシーズンだった1992年のランキングで2位に入っている。続くシーズンは北米へ渡り、フォーミュラ・アトランティック・チャンピオンシップを3位で終えてインディカー・ワールド・シリーズへの切符をつかんだ。

インディカーでの2年間は成功に満ちたものであり、初年度にはルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。1995年にはドライバーズチャンピオンシップの栄冠を手にした。この活躍がF1に繋がり、ウィリアムズでデイモン・ヒルのチームメイトの座を射止める。デビュー戦のメルボルンではレースの大半をリードして優勝目前だったが、オイル漏れによりヒルの後方、2位で終えることとなった。シーズン閉幕時のポジションも同様で、4勝を挙げたジャックは最終戦日本GPまでチームメイトとタイトル争いを繰り広げている。

ヒルのウィリアムズ離脱によりナンバー1ドライバーとなったジャック。直近のライバルだったミハエル・シューマッハがヘレスの決定的なレースでジャックに接触したものの、7つの勝利はタイトル獲得に十分だった。しかしながら、1998年にはマシンのパフォーマンス不足で2回の表彰台がせいぜいであり、王座防衛はならずに終わる。これに落胆したジャックはチームを離れて新たに創設されたBARに加入。このチームで勝利可能と予期していたジャックだったが、12戦目まで完走できないという事態に陥った。その後のシーズンでいくらかの改善は見られるも、チャンピオンシップでは連続7位という結果となり、約束されたはずの勝利が実現することはなかった。

その後はルノー、ザウバーと渡り歩いたジャックだが、タイトル争いのチャンスには恵まれないまま2006年にアメリカへと戻る。2010年に復帰したいとの意向を示しながらも、シートを得る計画は結実しなかった。2011年にはイタリアチームとのジョイントベンチャーとして自身のチーム立ち上げを狙ったが、このプロジェクトも成功を見ずに終わっている。

【長所と短所】

F1ですぐに速さを発揮したこと。ジャックには速いマシンをセットアップできるという強みがあり、1シーズンに達成した10ポールポジションという数字がそれを示している。しかし、過信がしっぺ返しに繋がることがあり、BAR時代の2003年には経験の少ないジェンソン・バトンのペースに遅れをとった。

【キャリア最高の瞬間】

1997年に5勝のミハエル・シューマッハをおさえて7勝を挙げ、タイトルを勝ち取ったとき。

【キャリア最低の瞬間】

翌シーズンから佐藤琢磨と交代させられることを知り、2003年日本GPへの参戦を拒否したとき。

【注目のコメント】

「1999年から2004年までの間で、僕は新しいチームを組織立てていく難しさや複雑さを直接経験した。でも、チャレンジを恐れることは決してなかった」

「僕の目標はレースカーのドライバーになることじゃない。僕がレースをしているのは、マシンの中でギリギリの感覚を楽しんでいるからだ」

【トリビア】

ジャックには失敗に終わった音楽界でのキャリアもある。『Private Paradise(プライベート・パラダイス)』というタイトルのアルバムを2007年に発売したが、836枚しか売れなかった。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年5月14日

インディ500のプラクティスに臨んだビルヌーブ

2014年4月5日

ジャック・ビルヌーブ

2013年6月24日

NASCAR:スプリントカップに参戦したビルヌーブ

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ