Gary Brabham  オーストラリア

  • 氏名 Gary Brabham
  • 生年月日 1961年3月29日
  • 出身地 イギリスWimbledon
  • 年齢 53歳118日
  • 関係 お父さん - J.A、ブラバム , 弟 - D Brabham
  • チーム Life
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
1990 Life 2 0 0 0 0 - 0 0 - 0 0 0 -
Total 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 アメリカGP フェニックス 1990年3月11日 レース結果
ラストレース ブラジルGP インテルラゴス 1990年3月25日 レース結果
プロフィール

ゲイリー・パフェットはこれまでF1ドライバーがステップアップしていった伝統的な方法ではなく、少し違った形でF1まで上り詰めた珍しいドライバーである。

多くのF1ドライバーと同じようにカートからキャリアをスタートさせた後、フォーミュラ・ボクソール・ジュニアに参戦、クラスBで勝利を収め、トップクラスにステップアップした1999年に4勝を挙げタイトルを獲得した。

2000年、イギリスF3スカラシップクラスに参戦。

2001年はドイツに渡り、ケケ・ロズベルグのF3チームに加入。参戦初年度は総合6位という成績で終えた。

ドイツF3に参戦した2002年にはタイトルを手にしている。

2003年、DTM(ドイツ・ツーリング・カー選手権)にステップアップ、同じくロズベルグのチームから出走。総合11位となり、国際F3000にも1戦出走した。

2004年、同じくDTMに参戦。総合2位で、あと一歩でチャンピオンを逃す。

2005年、引き続きDTMに参戦し、念願の総合優勝を獲得した。メルセデスとの大きなコネクションを生かし、2006年はマクラーレンのテストドライバーに就任している。

2007年シーズン、パフェットがマクラーレンで走るチャンスはほとんどなかったが、2008年もチームに残留し、マイレージを稼いだことで2009年からメルセデスエンジンを搭載することになったフォース・インディアでレースをするのではとのうわさにつながった。うわさはうわさで現実とはならず、マクラーレンのテストドライバーを務めながら引き続きDTM選手権にも参戦する。

このページのトップへ上へ