ドライバー

/ パディ・ロウ

パディ・ロウ  イギリス

driver portrait
プロフィール

1984年に工学の学位を取得してケンブリッジ大学を卒業したパディ・ロウは、1987年にエレクトロニクスの共同責任者としてウィリアムズに加入した。1993年には研究開発部門のトップとしてマクラーレンへ移籍。

2001年にシステム開発のチーフエンジニアとなり、マクラーレンMP4-20のレースプログラムに携わった。2005年、エンジニアリングディレクターとなったロウはすべてのエンジニアリング部門を束ねる立場に。2011年からはマクラーレンのテクニカルディレクターに就任し、マクラーレン・レーシングのすべてのエンジニアリング機能を統括していたが、2013年シーズン開幕を前にティム・ゴスがその後任となることが発表されている。

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年6月8日

2台の信頼性トラブルを解決しようと必死のメルセデス

2014年4月20日

グリッドで話し合うウォルフとロウ

2014年4月5日

パディ・ロウ

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ