カルン・チャンドック  インド

  • 氏名 カルン・チャンドック
  • 生年月日 1984年1月19日
  • 出身地 インド・マドラス(チェンナイ)
  • 年齢 30歳247日
  • チーム ロータス, HRT
driver portrait
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
2010 HRT 10 10 0 0 6 14 0 0 22 0 0 0 -
2011 Team Lotus 1 1 0 0 1 20 0 0 20 0 0 0 -
Total 11 11 0 0 7 14 0 0 20 0 0 0
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 バーレーンGP サヒール 2010年3月14日 レース結果
ラストレース ドイツGP ニュルブルクリンク 2011年7月24日 レース結果
プロフィール
© Sutton Images

GP2チャンピオンシップでこつこつと3年を過ごしたカルン・チャンドックがついにF1へと昇格する。ジュニアシリーズではその人柄の良さが人気を博したが、F1パドックで完全に受け入れられるためには本領を発揮するしかない。

インドのフォーミュラ・マルティ選手権を制して名を上げたチャンドック。フォーミュラ2000シリーズでアジア進出を果たすと、そこでも優勝を手にした。2002年には競争力が激しいことで知られるイギリスF3にステップアップし、2年目のシーズンに8勝を挙げて全体の3位につけている。

イギリスF3に参戦する傍ら、2004年にはワールドシリーズbyニッサン(現ワールドシリーズbyルノー)にも参加。2005年はA1GPで3戦を走った。その翌年はアジアに戻り、あまり競争が激しいとは言えないフォーミュラV6チャンピオンシップでドライブし、きっちりとタイトルを手中に収めている。この結果がGP2への扉を開け、順調に進歩を遂げながらスパ・フランコルシャンでは表彰台の頂点にも立った。GP2での活躍により、レッドブルで2日間のテストドライブのチャンスを得る。

2008年のGP2にはブルーノ・セナとタッグを組んでiSportから参戦し、入賞常連に。ホッケンハイムでの1勝に加えて表彰台にも数回上ったが、タイトル争いに加わったブルーノには最終的にダブルスコアの差をつけられてしまった。

2009年もGP2にとどまるも、リタイアやミスを連発して18位と低迷している。それにもかかわらず、スポンサーマネー、父のコネ、そして潜在的に有利に働く国籍と、さまざまな要素が組み合わさった結果、2010年のF1におけるレースシート獲得候補に浮上した。シーズン開幕まで1週間と迫った3月初旬、ついにチャンドックの夢がかなう。かつてのチームメイト、ブルーノと共にヒスパニア・レーシング(旧カンポス)へと生まれ変わったチームに加入することが発表されたのだ。

だがそれも長くは続かない。1シーズン限りでHRTを追われたチャンドックのF1での未来はきわめて不安定な状態となる。それでもケータハム(当時ロータス)によってサードドライバーとして起用され、ドイツGPではヤルノ・トゥルーリの代役を務めている。また、チームは初開催のインドGPにインド人ドライバーを参戦させることも視野に入れていた。周囲を納得させられる程のパフォーマンスではなかったとは言え、F1でこれまでに最も認められたインド人ドライバーであり、愛きょうのあるパーソナリティはパドック中の敬意を勝ち得ている。

【長所と短所】

競争力のあるマシンを与えられれば一貫性を発揮できることを証明しはしたが、厳しい戦いにおいてペースを示せていない。

【キャリア最高の瞬間】

スパ・フランコルシャンで行われたGP2レースにて、レ・コームで果敢にアンディ・ソウセックをかわし、優勝したこと。

【キャリア最低の瞬間】

2009年GP2シーズン終盤の5戦をすべてリタイアと事故で終えたこと。

【注目のコメント】

「F1マシンはものすごく特別。そんなマシンをドライブできる世界でも数少ない人間になることはかなり最高だ」

フォース・インディアにチャンドックを起用するかと聞かれたビジェイ・マルヤのコメント。

「最終的にはGP2で何度か優勝を経験し、F1シミュレーターでもうまくやらなければならない。彼がシミュレーターで競争力を発揮すれば、フォース・インディアでのポジションを彼にオファーすることになるだろう」

【トリビア】

チャンドックの父ビッキーは元インドのラリー王者であり、2011年の開催を目指すインドGPの重要人物である。2009年のFIA会長選の際には候補者として名前が挙げられた。また、F1最高権威バーニー・エクレストンの友人でもある。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2012年11月6日

カーティケヤンとチャンドック

2011年11月10日

自転車でコースを1周するチャンドック

2011年10月28日

真っ先にコースインしようと備えるスーティルとチャンドック

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ