韓国インターナショナル・サーキット RSS


大韓民国 霊岩

  • サーキットタイプ Race
  • コース全長 5.450kms
  • コーナー数 23
  • 周回方向 反時計回り
  • 観客収容人数 135,000
  • 設立年 2010
  • サーキットデザイナー Hermann Tilke
韓国インターナショナル・サーキット
データ
レース 開催日 優勝
初開催 韓国GP 2010年10月24日 フェルナンド・アロンソ (ESP) レース結果
ラストレース 韓国GP 2013年10月6日 セバスチャン・ベッテル (GER) レース結果
グランプリ開催数 4

このページのトップへ上へ

サーキット情報

2010年にF1カレンダー入りを果たす韓国にお目見えするのが韓国インターナショナル・サーキットだ。霊岩(ヨンアム)郡に位置し、2億6,400万ドル(約230億円/2009年11月現在)を費やす新サーキットはヘルマン・ティルケが手掛ける。

また、同プロジェクトは『Korea Auto Valley Operation(韓国オート・バレー・オペレーション/KAVO)』として知られる、民間企業『M-Bridge Holdings(Mブリッジ・ホールディングス)』と全羅南道(チョルラナムド)政府の合弁事業である。

ソウルから320km離れた場所では工事が進んでいるようだが、これまでの情報や画像などはあまり流れてきていない。主催者は人工的な湖畔に面した425エーカーの敷地に3.5マイル(5.632km)のサーキットが建設されていると話す。反時計回りのコースはアジア最長のストレートを有し、時速320kmに達するという。グランドスタンドは13万5,000人の収容が可能になる。

KAVOは7年間の韓国GP掲載契約をかわしており、さらに5年間延長できるオプションもあったが、2013年までに開催費用があまりに高くつくことが判明。プロモーターはレース継続の可能性を"五分五分"と表現していたものの、最終的には2014年のカレンダーから脱落している。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2010年10月22日

最終コーナーの作業にあたるスタッフ

2010年10月22日

最終コーナーでの話し合い

2010年10月22日

最終コーナーを調査するFIAの面々

2010年10月21日

ベッテル、ウェバーと話すエクレストン

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ