上海インターナショナル・サーキット RSS


中国 上海

  • サーキットタイプ Race
  • コース全長 5.451kms
  • コーナー数 16
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 200,000
  • 設立年 2004
  • サーキットデザイナー Hermann Tilke
上海インターナショナル・サーキット
データ
レース 開催日 優勝
初開催 中国GP 2004年9月26日 ルーベンス・バリチェロ (BRA) レース結果
ラストレース 中国GP 2014年4月20日 レース結果
グランプリ開催数 11*
次回開催 中国GP 2014年4月20日

このページのトップへ上へ

サーキット情報

中国に誕生した新サーキットはコントロールラインがあるストレートの真上に設けられた印象的な観客施設やメディアセンターなど、新世紀のサーキットになるよう、ヘルマン・ティルケが設計したコースだ。ティルケのトレードマークとも言えるロングストレートとタイトなヘアピンが混合するレイアウトになっている。

上海インターナショナル・サーキットは漢字の"上(中国語読み:シャン)"の形に造られており、チームの建物を含め、中国伝統の建築様式が数多くある。

オープン当時はF1サーキットの中で最高額のサーキットと言われ、政府支援のジョイントベンチャー企業がおよそ2億4,000万ドルを投じた。

サーキットが建てられた土地はもともと沼沢地で、工事を始める前に開拓の必要があったが、3,000人のエンジニアの手によってたった18カ月で完成した。

初開催は2004年。当時フェラーリを駆っていたルーベンス・バリチェロが初代ウイナーに輝いている。また、2006年末に一度引退したミハエル・シューマッハが最後に表彰台の頂点に上ったのが上海である。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2010年4月16日

沈む夕日

2010年4月16日

上海の日没

2010年4月15日

サーキットの警備員

2010年4月15日

まだマシンの姿がないピットレーン

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ