鈴鹿サーキット RSS


日本 鈴鹿

  • サーキットタイプ Race
  • コース全長 5.807kms
  • コーナー数 17
  • 観客収容人数 100,000
  • 設立年 1962
  • サーキットデザイナー John Hugenholtz
鈴鹿サーキット
データ
レース 開催日 優勝
初開催 日本GP 1987年11月1日 ゲルハルト・ベルガー (AUT) レース結果
ラストレース 日本GP 2013年10月13日 セバスチャン・ベッテル (GER) レース結果
グランプリ開催数 25
次回開催 日本GP 2014年10月5日

このページのトップへ上へ

サーキット情報

F1ではユニークという言葉が多用されるが、鈴鹿に関してはまさにぴったりの言葉だろう。大きな8の字を描いたようなサーキットの中には低速・中速・高速とバラエティーに富んだコーナーがレイアウトされており、高度なドライビングテクニックが求められる。

F1カレンダーの中でも数少ないチャレンジングなコーナーとして評価が高い。鈴鹿は左右のカーブ数がほとんど同じだけレイアウトしてあり、世界でも珍しい立体交差が特徴だ。また地平線にそびえる観覧車も人目を引く。

1962年に本田技研工業がテストコースとして建設、オランダのジョン・フーゲンホルツが設計を手がけた。フォーミュラの下部カテゴリーのレースを主催した後、鈴鹿は1987年より日本GPの開催地に就任。その後、トヨタ所有の富士スピードウェイが開催地となり、いったんは鈴鹿の日本GPの歴史に幕が閉じられたが、2009年にF1カレンダー復帰を果たす。さらに、富士スピードウェイのグランプリ開催撤退を受けて2011年までの開催契約をかわした。

高速かつテクニカルなコースとして名高い鈴鹿はドライバーにもファンにも人気がある。F1レース開催に向けた改修工事を施し、2009年4月12日にリニューアルオープンした。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2009年10月4日

キミ・ライコネン

2009年10月2日

サーキット入り口

2006年10月8日

2004年10月10日

ドライバーに声援を送るファン

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ