中国GP

/ News

  • 中国GP - 決勝

ロズベルグが堅実なレースで初勝利!

M.S.
2012年4月15日
落ち着いたレース運びでポール・トゥ・ウイン © Getty Images
拡大
関連リンク

ヘルマン・ティルケが設計し、漢字の"上"の字をあしらったユニークなレイアウトの上海インターナショナル・サーキットにて、15日(日)日本時間16時から2012年FIA F1世界選手権第3戦中国GP決勝が行われた。

前日に実施された予選ではメルセデスのニコ・ロズベルグが自身初のポールポジションを獲得。2番手に入ったマクラーレンのルイス・ハミルトンにギアボックス交換による5グリッド降格のペナルティが科されたため、ミハエル・シューマッハがロズベルグの隣で最前列からスタートする。

予選4番手だった小林可夢偉(ザウバー)は3番グリッドにつき、キミ・ライコネン(ロータス)と共に2列目に並んだ。また、予選18番手だったジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)はピットレーンスタートを選んでいる。

上海インターナショナル・サーキットは1周5.451km。決勝レースは56周で行われる。DRSゾーンはバックストレートの1カ所に設定された。ピレリはソフト側にソフトコンパウンド、ハード側にミディアムコンパウンドを持ち込んでいる。

レース開始時の天候は曇り、気温22度、路面温度24度のドライコンディション。ほとんどのドライバーがスタート時のタイヤとしてソフトタイヤをチョイスした。

フォーメーションラップの後にレースが始まると、ロズベルグが先頭で第1コーナーに向かう。後方では5番手スタートのバトンやライコネンがポジションを上げ、最初の1周を終えて戻ってきたマシンの隊列はロズベルグ、シューマッハ、バトン、ライコネン、ハミルトン、セルジオ・ペレス(ザウバー)、可夢偉、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、マーク・ウェバー(レッドブル)、フェリペ・マッサのオーダーとなっていた。

7周目には早くもウェバーがピットへ向かい、ミディアムコンパウンドに履き替える。9周目にベッテルと可夢偉もミディアムへの交換を行った。さらに11周目には6番手と7番手を走行中だったライコネンとハミルトンが同時にピットインし、ハミルトンが前でコースへと戻った。

続いて13周目にピットストップを行ったシューマッハだったが、タイヤ交換でミスがあったため、シューマッハはコースへ戻った直後に自らマシンをコース外へ運んでストップしている。僚友ロズベルグがピットストップを行ったのはその直後のことだった。

その後ラップリーダーとなっていたペレスを含む上位のメンバーが全員1回目のピットストップを行った時点で、トップ10はロズベルグ、バトン、ハミルトン、ウェバー、ライコネン、アロンソ、可夢偉、ロマン・グロージャン(ロータス)、ベッテル、ペレスの順に変わっている。

全員が最初のピットストップを終えて間もなく、ライコネンのプレッシャーを受けながら4番手を走行していたウェバーが2回目のピットストップを実行。ハミルトンもそれに続き、2人は再びミディアムを履いてコースへと合流した。

25周目にはバトン、続く周回で可夢偉がピットイン。バトンがミディアムを装着する一方、可夢偉はソフトタイヤに履き替えた。同じ頃、前を行くマッサを追いかけ続けていたハミルトンがついにマッサをかわして11番手に浮上しており、マッサは立て続けにウェバーにもポジションを明け渡している。

マッサをパスしたハミルトンとウェバーはさらにフォース・インディアのポール・ディ・レスタをオーバーテイク。続いて6番手パストール・マルドナド(ウィリアムズ)をもかわして前方へと上がっていった。

いまだ1回しかストップしていないロズベルグが先頭を走り続ける一方、2回目のピットストップを終えた2番手バトンはじりじりとその差を詰めていき、ロズベルグがピットへ向かった時点でその差は12秒だった。ここで上位2人のポジションは逆転し、バトン、ロズベルグの後ろに1回ストップのペレスがつけ、4番手ハミルトンの後方にはピットストップでライコネンの前に出てウェバーをコース上で交わしたアロンソが続く。

ロズベルグの2回目のピットストップとほぼ同時にウェバーが3回目のタイヤ交換を行い、ペレスもピットへ。トップ10はバトン、ロズベルグ、ハミルトン、アロンソ、マッサ、ライコネン、可夢偉、ベッテル、グロージャン、ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)のオーダーになった。このメンバーでは5番手マッサのみが1回しかピットストップを行なっていない。6番手のライコネン以降は隊列が連なっている状態だった。

最後の動きが始まったのは38周目のこと。3番手と4番手を走っていたハミルトンとアロンソが同時にピットへ向かい、可夢偉もそれに続いた。ハミルトンはミディアム、アロンソはソフトを選んでいる。

40周目にはラップリーダーのバトンがピットインし、バトンを凌ぐペースでギャップを詰めていたロズベルグが再びトップに立った。バトンは左リアの交換に手間取り、6番手でコースに戻る。同じ周回で可夢偉が1分39秒960のファステストラップをマークした。

2番手に上がっていたマッサが42周目にタイヤ交換を行い、ロズベルグ、ライコネン、ベッテルのトップ3になる。3人とも2回しかピットストップを行なっていないが、ロズベルグとライコネンには24秒以上の差がついている一方、ライコネンとベッテルのギャップは1秒以下だった。

4番手以降はバトン、ウェバー、ハミルトン、ブルーノ、グロージャン、マルドナド、ペレスと並ぶも、アロンソがペレスをかわしてポイント圏内に浮上している。

懸命にベッテルを抑えていたライコネンだったが、48周目についにオーバーテイクを許してしまう。ライコネンは後続のマシンたちにもかわされ、あっという前に12番手に落ちてしまった。

50周目には可夢偉が僚友ペレスをパスして10番手に浮上。ロズベルグ、ベッテル、バトン、ハミルトン、ウェバー、グロージャン、ブルーノ、マルドナド、アロンソ、可夢偉のトップ10で残り5周に突入した。

2回ストップのロズベルグとベッテルのギャップは25秒で、3番手バトンはベッテルのすぐ後ろにつけていた。52周目にバトンがベッテルをオーバーテイクし、今度はハミルトンがベッテルまで1秒以内のところに迫った。3番手ベッテルからハミルトン、ウェバーの3人が1秒以内で攻防を繰り広げ、その後ろでは8番手マルドナドからアロンソ、可夢偉、ペレスもほぼタイム差のない状態でポイントを争う。

残り1周というところでハミルトンにかわされたベッテルは続いてチームメイトとのバトルになり、1回多くタイヤを交換しているウェバーが前に出た。

その間にも先頭を行くロズベルグは後方の争いと無縁に悠々とファイナルラップを走りきり、初めてのトップチェッカーを受けた。バトンとハミルトンのマクラーレン勢が2位と3位で表彰台に上っている。

4位ウェバー以降はベッテル、グロージャン、ブルーノ、マルドナド、アロンソに次いで、可夢偉が10位でポイントフィニッシュを果たした。

11位からはペレス、ディ・レスタ、マッサと続き、ライコネンは最終的に14位。15位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)以降、ベルヌ、ダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)、ヴィタリー・ペトロフ(ケータハム)、ティモ・グロック、シャルル・ピック(共にマルシャ)、ペドロ・デ・ラ・ロサ、ナレイン・カーティケヤン(共にHRT)、ヘイキ・コバライネン(ケータハム)が完走し、リタイアはシューマッハのみという結果に終わった。

中国GPを終え、開幕から3戦連続で3位入賞のハミルトンがポイントリーダーになっている。

次戦は政治情勢から昨年度のグランプリがキャンセルされ、今年も開催の有無が議論を呼んでいた第4戦バーレーンGP。FIAは予定通りバーレーンGPが開催されるとの声明を出している。最初のセッションである金曜フリー走行1回目は20日(金)日本時間16時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.
コメント: 1