中国GP

/ News

© Dan Istitene/Getty Images
拡大

中国で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けて、F1統括団体のFIAは必要に応じて来たるべきイベントの予定を変更する準備を進めている。

F1の中国GPは4月19日(日)に上海で開催が予定されており、フォーミュラEの三亜e-Prixは3月21日(土)に予定されている。この数週間で中国では多くのスポーツイベントが延期または中止されており、FIAは状況を見守りながらイベントの可否を評価するとの声明を発表した。

「年の初めに中国で起こった新型コロナウイルスの流行を受け、FIAは関連当局およびメンバークラブと共にFIAメディカルコミッション会長のジェラード・サイヤン教授の指導の下、慎重に状況の展開をモニタリングしている」と声明には書かれている。

「FIAは今後のレースのカレンダーについて検討し、必要に応じてグローバル・モータースポーツ・コミュニティーと幅広い市民を守るための行動を取る」

今回の新型ウイルスは中国国内のスポーツシーンに大きな影響を及ぼしており、複数のイベントが中止されたり、サッカーのオリンピック女子代表チームがオーストラリアで隔離されたりしている。

中国サッカー協会(FCA)は28日(火)、国内全土の全てのカテゴリーで予定してた試合を延期すると発表した。新型肺炎の感染による中国の死者は170人に上っている。

29日(水)の時点で中国保健当局は7,711人の患者が確認されたと述べており、最も多いのは湖北省だが、これまでに19の国と地域で感染が報告されている。

© ESPN Sports Media Ltd.