中国GP

/ News

  • 中国GP - ペナルティポイント

ヒュルケンベルグのペナルティポイントが4に

M.S.
2016年4月18日 « クビアトが3基目のコンポーネントを搭載 | Q3進出は厳しいとアロンソ »
© ESPNF1
拡大

シーズン第3戦中国GPでニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)に2点のペナルティポイントが加算され、同ドライバーの累計ポイントが4になった。

決勝レースでセーフティカーが出た際に多くのドライバーとともにピットへ向かったヒュルケンベルグは、ピットエントリーでスローダウンして後続ドライバーの走行を妨げた。スチュワードは審議の結果、不必要なスローダウンに対して5秒のタイムペナルティとペナルティポイントを科している。

中国GP終了時点でペナルティポイントが最も高いのは依然トロ・ロッソのマックス・フェルスタッペン(8ポイント)で、ヒュルケンベルグはじめバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、マーカス・エリクソン(ザウバー)、ロマン・グロージャン(ルノー)が4ポイントでその後ろに並ぶ。

次戦ロシアGPが開幕するまでに、2015年第4戦バーレーンGPで与えられたペナルティポイントが消滅する。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12カ月有効。累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できない。

© ESPN Sports Media Ltd.