中国GP

/ Features

  • レディオ・ガガ - 中国GP

「アイム・オン・ファイア」

Me
2015年4月15日
© Sutton Images
拡大

ブルース・スプリングスティーンの名曲と同じせりふを繰り返したダニール・クビアト、自分以外のドライバーにもっと速く走ることを求めたニコ・ロズベルグなど、中国GPからよりすぐりの無線コメントを紹介する。

「もう、なんだよ~、頼むよ!」

ルイス・ハミルトンのポールタイムにわずか0.04秒――まばたきよりも短い時間――届かず、不思議な感想を口にしたニコ・ロズベルグ。

「いったん開けたのに、それから閉めてきた! 先に行かせろって」

レース序盤に道を譲ろうとしないレッドブルのチームメイト、ダニール・クビアトにダニエル・リカルドの怒りが爆発。

「アイム・オン・ファイア、アイム・オン・ファイア、アイム・オン・ファイア(燃えてる、燃えてる、燃えてる)」

レースはまだ15周目を過ぎたばかり。ブルース・スプリングスティーンの曲名を使ってレッドブルに報告するダニール・クビアト。彼のルノー製パワーユニットは"Born to Run(明日なき暴走)"には適していなかったようだ。

「ギアボックスが壊れた。なんかかなりヤバそうだ・・・ものすごい爆発音がした」

ギアボックストラブルで忘れたい週末を早々に終えたニコ・ヒュルケンベルグはフォース・インディアの昨年の栄光を懐かしんでいることだろう。

「ルイスが遅すぎる。もっとスピードアップするよう言って!」

中間スティントで赤いフェラーリのセバスチャン・ベッテルが背後に迫り、チームメイトが遅いと怒るロズベルグ。

「おい、早くこのマクラーレンどかしてくれ!」

フェラーリの元チームメイト、フェルナンド・アロンソに近づき、ブルーフラッグを求めるキミ・ライコネン。アロンソがマクラーレンでほほ笑む日はいつだろうか。

「あああ~、クソッ!」

印象的なレースをしながら、残り3周でルノーのパワーユニットが壊れ、マックス・フェルスタッペンは語彙(ごい)を失ってしまったようだ。

「みんなに・・・それからジュールにも――ありがとう」

昨年のモナコ以来獲得した初ポイントをチームとジュール・ビアンキにささげたロマン・グロージャン。ビアンキはその同じモナコのレースでマルシャに初めてのポイントをもたらした。

© ESPN Sports Media Ltd.