中国GP

/ News

  • 中国GP - 予選

雨の予選でハミルトンがポール!

M.S.
2014年4月19日
雨でも優れたスピードを発揮したハミルトン © Sutton Images
拡大
関連リンク

上海の"上"の字をかたどった上海インターナショナルサーキットにて、19日(土)日本時間15時から2014年FIA F1世界選手権第4戦中国GP予選が実施された。

ドライコンディションだった前日に行われたフリー走行ではメルセデスのルイス・ハミルトンが1分38秒315の最速タイムを刻み、僚友ニコ・ロズベルグが3番手タイムをマークしている。フェラーリのフェルナンド・アロンソがメルセデスコンビの間となる2番手に入った。

2日目に入って行われた予選前最後のフリー走行は雨でウエットコンディションとなり、初日トップ3はタイムを残さず。レッドブルのダニエル・リカルドが1分53秒958でトップに立っている。

今週末はソフトコンパウンドとミディアムコンパウンドの2種類のドライタイヤが用意されたものの、予選スタート時の天候は雨。気温14度、路面温度16度だった。青信号が灯る前からピットレーンに数台のマシンが待機し、オープンと共にコースへと飛び出していく。

数分のうちに全車がコースインしたものの、土曜フリー走行でクラッシュを喫したパストール・マルドナド(ロータス)はマシンダメージの影響で予選に参加することがかなわず。なお、マルドナドは前戦バーレーンGPでの他車との接触により、今週末に5グリッド降格のペナルティが科されることが決まっている。

ほとんどのドライバーがウエットタイヤを選んでおり、雨でも速さを発揮したメルセデス勢がロズベルグとハミルトンの順で上位を独占した。

残り5分を切って序盤にロズベルグがマークした1分56秒351を塗り替えたのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。しかし、ハミルトンがそれをさらに上回る1分55秒516を記録する。ほぼ全員が最後までタイムアタックを続け、終盤にはウエットからインターミディエイトに履き替えるドライバーも多かった。最初からインターミディエイトをチョイスしていたケータハムの小林可夢偉は自己ベストを更新するもQ2進出には届かず、18番手で予選を終えている。

Q1でノックアウトされたのは17番手エステバン・グティエレス(ザウバー)以降、可夢偉、ジュール・ビアンキ(マルシャ)、マーカス・エリクソン(ケータハム)、マックス・チルトン(マルシャ)だった。

なおも降雨が続く中でQ2がスタートすると、エイドリアン・スーティル(ザウバー)が最初に走行を開始する。ほどなくしてコース上に出揃ったQ2進出メンバー全員がインターミディエイトタイヤを履いていた。

前半を終えてトップ5に並んだのは1分54秒200を刻んだハミルトンを先頭にベッテル、ロズベルグ、アロンソ、リカルドという面々だった。ウィリアムズのバルテリ・ボッタスが6番手に続くも、チームメイトのマッサはノックアウトゾーンに沈んでいる。また、今年は存在感を示しているフォース・インディア勢も、2台ともトップ10圏外だった。

ラストアタックに入った時点でフェラーリのキミ・ライコネンは11番手。自己ベストを更新して10番手につけていたニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)を上回るペースでつないでいたライコネンだったが、セクター3が振るわずポジションアップはできずに終わっている。

ライコネンに加え、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)、スーティル、ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)、ペレスの予選順位がここで確定した。

予選最終決戦にコマを進めたのはハミルトン、ベッテル、ロズベルグ、リカルド、アロンソ、ボッタス、ロマン・グロージャン(ロータス)、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)マッサ、ヒュルケンベルグの10名だった。

インターミディエイトタイヤを装着したベッテルはQ3開始前からピットレーン出口でセッションスタートを待つ。Q3最初のタイムアタックにウエットタイヤを選んだのはウィリアムズ勢とヒュルケンベルグだった。

ひと通りタイムアタックが落ち着いた時点のオーダーは1分54秒348をたたき出したハミルトンを先頭にベッテル、ロズベルグ、リカルド、アロンソ、マッサ、ボッタス、ベルヌ、ヒュルケンベルグ、グロージャン。ウエットで走行していた面々もインターミディエイトに履き替えて最後のタイム争いへと向かった。

リカルドがロズベルグを上回って2番手に飛び込み、ベッテルがそれに続く3番手に。ハミルトンは自己ベストをさらに塗り替えて1分53秒台に突入していた僚友ロズベルグもペースアップを図ったが、小さなミスに続き最終コーナーでスピンを喫し、4番手にとどまっている。

ポールポジションを獲得したハミルトンのタイムは1分53秒860だった。5番手はアロンソで、以下マッサ、ボッタス、ヒュルケンベルグ、ベルヌ、グロージャンと続いている。

中国GP決勝は19日(日)日本時間16時スタート予定。決勝レースもお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.