中国GP

/ News

  • 中国GP - 決勝

バトル続出のレースでアロンソ優勝!

M.S.
2013年4月14日
ハミルトンをコース上でかわしたアロンソ © Getty Images
拡大

10回目のグランプリ開催を迎えた上海インターナショナル・サーキットにて、14日(日)日本時間16時から2013年FIA F1世界選手権第3戦中国GP決勝が行われた。

前日の土曜日に実施された予選ではルイス・ハミルトンがメルセデスに移籍後初のポールポジションを獲得。開幕戦ウイナーのキミ・ライコネン(ロータス)が2番手に入り、3番手のフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)の隣、4番グリッドからハミルトンのチームメイトであるニコ・ロズベルグがスタートする。

開幕から2連続で予選トップに立っていたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)はQ3でミディアムタイヤを履いてコースへ出るも、タイム計測はせずに9番手。同じくミディアムタイヤを選んだジェンソン・バトンはスロー走行でタイムを残し、8番グリッドを手にしている。

予選Q2の途中でストップしたマーク・ウェバー(レッドブル)は十分な量の燃料サンプルを提出できなかったために予選結果から除外されており、チームはピットレーンからのスタートを選んだ。

今週末はピレリのソフトコンパウンド(オプション)が今季初お目見えし、プライムにはミディアムコンパウンドが選ばれた。前日までの走行から、ソフトタイヤの摩耗が激しいために戦略が重要になると見られている。

上海インターナショナル・サーキットは1周5.451km、決勝レースは56周で行われる。DRSゾーンはメインストレートとターン13から14にかけてのストレートに設定された。

週末を通して天候に恵まれている上海。レース開始時の気温は26度、路面温度35度のドライコンディションだった。スタート時のタイヤとしては8番グリッドのバトンから順にベッテル、ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー)、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、セルジオ・ペレス(マクラーレン) までの5名と15番グリッドのジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、16番グリッドのバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)がミディアムタイヤを選んでいる。

シグナルオフと同時にレースがスタートすると、ハミルトンがするりと先頭へ抜け出し、アロンソとマッサがそれに続く。ライコネンはマッサの後ろに下り、その後方ではロズベルグやロマン・グロージャン(ロータス)らが一丸となってポジションを争った。

オープニングラップを終えてトップ10を走っていたのはハミルトン、アロンソ、マッサ、ライコネン、ロズベルグ、グロージャン、ダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)、バトン、ベッテル、ヒュルケンベルグ。ピットレーンスタートのウェバーは1周を走ったソフトを早々とミディアムに切り替え、隊列の最後方に合流した。

3周目にDRSが使用可能になった時点で上位4名のギャップはそれぞれ1秒以内。ライコネンと5番手ロズベルグの間が1秒以上空いている状態だった。

5周目に入ったところでアロンソがメインストレートのDRSゾーンを利用してハミルトンをオーバーテイクする。すかさずマッサが反対側からハミルトンをパスし、一瞬のうちに2台の跳ね馬がトップに踊り出た。

5周目にリカルドがタイヤ交換し、続く周回にはメルセデスがハミルトンとロズベルグを同時にピットに呼び戻す。さらに、ターン14でエステバン・グティエレス(ザウバー)に接触されたエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)もダメージを受けて傾いたリアウイングと共に何とかピットに戻ったが、右リアからは炎が覗いており、そのままあえなくリタイアとなった。一方のグティエレスもコースサイドでマシンを止めており、2人のインシデントについてはレース後の審議対象となっている。

7周目からアロンソやマッサらも順次1回目のピットストップを済ませ、12周目にはスタート時のタイヤで走行を続けるヒュルケンベルグ、ベッテル、バトン、ペレス、ディ・レスタがレースを率いる形に。その後ろにアロンソ、ハミルトン、ライコネンが並び、タイヤ交換をしていないベルヌを挟んでマッサが10番手を走っていた。

ウェバーはミディアムタイヤに履き替えたマッサにかわされつつも、この時点で11番手にポジションを上げている。

15周目にヒュルケンベルグとベッテルが同時ピットイン。ベッテルの動きを封じたヒュルケンベルグだったが、ピット作業のスピードで上を行くレッドブルがベッテルをヒュルケンベルグの前で送り返す。

この間、コース上では活発な動きが見られ、ニュータイヤのアロンソがタイヤのきつくなってきた前方のライバルを1台ずつ片付けていく。後方ではウェバーとベルヌが接触し、共に緊急ピットインを実施するも、ウェバーはスロー走行の末に右リアタイヤが脱落してコース上にストップした。

また、ライコネンがペレスをパスしようとしてマシンにダメージを負ったが、こちらはそのままレースを続けている。ウェバーとベルヌ、ライコネンとペレスについてはそれぞれ審議対象となるも、後者についてはおとがめなしとの判断が下された。

20周目にマッサとロズベルグが2回目のピットストップへと向かう。22周目にはポジションをかけてバトル中だったハミルトンとライコネンが並んでピットレーンへ。ロズベルグはその後2回のピットストップを追加した末に、ガレージでレースを終えている。

マクラーレン勢は最初のタイヤ交換のタイミングをレース中盤までひっぱり、2回目の作業へ向かうアロンソと同時にバトンが24周目、ペレスが25周目にピットへ。

3番手でコース復帰したアロンソは先行するヒュルケンベルグとベッテルを順に料理し、30周目の時点でアロンソ、ベッテル、ハミルトン、バトン、ライコネンがトップ5に名を列ねている。

30周目にヒュルケンベルグが2回目のピットストップでソフトコンパウンドに交換。32周目にはベッテルが新しいミディアムタイヤに履き替える。コース上ではライコネンがバトンをオーバーテイクして4番手に浮上した。

37周目、ソフトからミディアムに戻すヒュルケンベルグと新しいミディアムに替えるマッサが同じタイミングでピットへ向かい、ピットレーンでサイド・バイ・サイドになる。ここはマッサが前で隊列に合流した。38周目にはハミルトンが3回目のピット作業で新しいミディアムに履き替え、好ペースを刻んでいる。

41周目にはラップリーダーのアロンソが3度目のタイヤ交換を実施し、最後のピットストップを残すベッテルの後方2番手でレースを再開。2人の後ろにはバトンを先頭にライコネン、ハミルトン、ディ・レスタ、マッサ、ヒュルケンベルグ、リカルド、ペレスがポイント圏内に並んでおり、いまだ1ストップのバトンと2ストップのディ・レスタ以外は3回のタイヤ交換を終えていた。

フレッシュなタイヤを装着したアロンソは43周目にベッテルから暫定トップの座を奪い取る。後方のバトン、ライコネン、ハミルトンの3人も接戦を展開し、44周目にライコネンがバトンをかわすと、ほどなくしてハミルトンも元チームメイトの前に出た。先頭を行くアロンソはベッテルとの差をどんどん開きながらファステストラップを更新し、10周ほどを残した時点で勝利をほぼ揺るぎないものとする。

50周目にバトンが2回目にして最後のピットストップを実施し、この日初めて履いたソフトタイヤで7番手に復帰。すぐさま前を行くマッサをかわしていった。ミディアム-ミディアムとつないだベッテルもバトンの翌周にソフトタイヤに切り替えてラストスティントに臨む。

4番手でコースに戻ったベッテルは約8秒前方のハミルトンとの差を一気に3秒以上縮めるが、レースは残りわずか。それでもベッテルはプッシュし続け、ハミルトンと2秒差の状態でファイナルラップに突入した。

ハミルトンの前には周回遅れのマシンでトラフィックができており、追うベッテルにビッグチャンスが訪れる。ハミルトンはバックマーカーをかわしつつ必死にベッテルの攻撃をしのぎ、表彰台の最後のポジションを守りきった。

トップチェッカーを受けたのは今季初優勝のアロンソ。予選トップ3メンバーであるライコネンとハミルトンが共に上海の表彰台に上っている。

4位のベッテルから、バトン、マッサ、リカルド、ディ・レスタ、グロージャン、ヒュルケンベルグまでがトップ10フィニッシュを果した。

完走したのは11位ペレス以降ベルヌ、ボッタス、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、ジュール・ビアンキ(マルシャ)、シャルル・ピック(ケータハム)、マックス・チルトン(マルシャ)、ギド・ヴァン・デル・ガルデ(ケータハム)という面々。

なお、イエローフラッグ中のDRS使用について、バトン、グロージャン、ベッテル、ウェバー、ライコネン、ボッタス、チルトンがレース後の審議対象となっている。

次戦は連戦で行われる第4戦バーレーンGP。金曜フリー走行1回目は19日(金)日本時間16時スタート予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.