中国GP

/ News

  • 中国GP - 予選

ハミルトンが今季初ポールを獲得!

M.S.
2013年4月13日 « バーレーン、レース開催の抗議者に催涙ガス | 将来の不確実性に出口を求めるピレリ »
駆け引きの予選を制したハミルトン © Sutton Images
拡大

上海の"上"の字をかたどった上海インターナショナル・サーキットで13日(土)日本時間15時から2013年FIA F1世界選手権第3戦中国GP予選が行われた。

初日の金曜日には1回目のフリー走行でメルセデスのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンが1-2を決めている。後半のセッションではフェラーリのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサ1番手と3番手に入り、キミ・ライコネン(ロータス)が2人の間となる2番手に入った。

初日午後に好調を示したフェラーリコンビは、2日目に入って実施された予選前最後のフリー走行でもアロンソ、マッサの順で上位を独占している。

今週末に使用されるピレリのドライタイヤとしてはプライムにミディアムコンパウンド、オプションにソフトコンパウンドが選ばれた。初日に今季初登場のソフトを使用したドライバーたちからは1周の速さを評価する一方で劣化の激しさを指摘する声も上がっている。

上海インターナショナル・サーキットのDRSゾーンはこれまでターン13からターン14にかけてのストレートに設定されていたものの、FIAは今年ほとんどのサーキットで2カ所のゾーンを設置する意向であり、ここでも以前の1カ所に加えてメインストレートが新たなDRS使用区間に定められた。

予選開始時の気温は28度、路面温度40度のドライコンディションだった。ピットレーンがオープンになってもタイムアタック開始の気配はなく、各陣営はガレージにとどまったままじっと様子を伺った。

スタートから9分でようやく動きがあり、口火を切ったマルシャのジュール・ビアンキとマックス・チルトンをトロ・ロッソやケータハム勢が追う。土曜フリー走行でトラブルに見舞われていたロズベルグもソフトタイヤでコースに姿を現した。

そのロズベルグが1分35秒959の最速タイムをたたき出したタイミングで残り時間は6分強。ガレージに残っていたライバルたちも次々にタイムアタックを開始し、ハミルトンが相棒のタイムを塗り替えた。

最初にコースインした面々が1回目のタイムアタックを終えてガレージに戻っていく中、レッドブルやフェラーリの各車もアタックラップを完了。しかし、メルセデス勢には届かず、ハミルトン、ロズベルグ、マッサ、マーク・ウェバー(レッドブル)、アロンソのトップ5にセバスチャン・ベッテル(レッドブル)とジェンソン・バトン(マクラーレン)が続く形となった。

実質的に半分ほどの時間での戦いとなった予選Q1の結果、17番手のバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)以下、エステバン・グティエレス(ザウバー)、マルシャ、チルトン、シャルル・ピック、ギド・ヴァン・デル・ガルデ(共にケータハム)がノックアウトされている。

Q1ベストタイムはハミルトンがマークした1分35秒793だった。

Q2も静けさの中で幕を開け、セッションスタートからややあってソフトタイヤで出陣したベッテルにウェバーやアロンソら競争相手たちが1台また1台と加わっていく。

1分36秒260を残してタイムシートの最上位につけたベッテルの下にウェバーやニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー)らの名が並ぶも、程なくしてアロンソが全員の記録を上回ってトップへ浮上。

だが、後からタイムアタックに入ったライコネンが1分35秒台に乗せてアロンソのタイムを塗り替え、さらにハミルトンとロズベルグがメルセデス1-2態勢を作り上げる。一方、ウェバーは燃圧が低下したためにヘアピンでマシンを止めてしまった。

1回目のタイムアタックが落ち着いた時点でウェバーは8番手。トップ5のオーダーはハミルトン、ロズベルグ、ライコネン、アロンソ、ベッテルとなっていた。残り3分頃からノータイムだったロマン・グロージャン(ロータス)を含め、4番手以降の全員がタイムアタックを再開する。

相次ぐタイム更新でウェバーのタイムはノックアウトゾーンに後退し、Q3進出を果たしたのは1分35秒078をたたき出したハミルトンはじめ、アロンソ、ベッテル、マッサ、ロズベルグ、ライコネン、バトン、グロージャン、リカルド、ヒュルケンベルグの10名だった。

11番手のポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)からセルジオ・ペレス(マクラーレン)、スーティル、ウェバー、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)までの予選順位がここで決している。

予選最終決戦が始まると、まずはベッテルが単独でコースインしたものの、チームの指示を受けてタイムを計測することなく帰投。その後コースは終盤まで無人の状態が続き、残り3分前後で一気にタイムアタックが始まった。10名全員がコースに姿を現わし、ベッテルとバトンのみがミディアムをチョイスしている。

最初にチェッカーフラッグを受けたライコネンのタイムは1分34秒761。それをハミルトンが上回っていく。ベッテルはコースオフを喫してタイムアタックを中止し、ヒュルケンベルグもノータイムのままガレージへ。バトンはスローペースながらも8番手タイムを残して引き上げている。

ハミルトンの1分34秒484という記録は誰にも破られず、第3戦のポールポジションはハミルトンの手に。2番手ライコネンと3番手アロンソをおき、ハミルトンの僚友ロズベルグが2列目からスタートする。

5番手以降はマッサ、グロージャン、リカルド、バトンと続き、9番手ベッテルと10番手ヒュルケンベルグは予選Q3でタイムを記録しなかった。

中国GP決勝は14日(日)日本時間16時スタート予定。決勝レースもお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.