30秒ごとに更新されます

さて、この後F1サーカスは大急ぎで荷物をまとめて連戦で挑む次の舞台、バーレーンへと移動します。シーズン第4戦バーレーンGPは5日後の17日(金)に開幕。金曜フリー走行1回目のセッションは日本時間20時スタート予定です。それではまた次回、バーレーンGPでお会いしましょう!

56周目

マシン撤去に手こずるマーシャル。セーフティカーが先導したままファイナルラップに突入しました。

トロ・ロッソのメカニックも駆けつけ、ノーズを外してようやくコース外にマシンが出されました。

セーフティカー解除が発表されています。

先頭でチェッカーを受けたのはハミルトン! ロズベルグが2位、ベッテルが3位で表彰台。

4位以下、入賞はライコネン、マッサ、ボッタス、グロージャン、ナッサー、リカルド、エリクソンでした。

マクラーレンはアロンソが12位、バトンが13位で完走を果たしています。

55周目

残り周回は2周。

ハミルトンがセーフティカーに追い付きました。

ラストの1周に間に合うようにとコースマーシャルがマシン撤去を急ぎます。

54周目

4番手のライコネンがベッテルに近づいてきました。その差は1.3秒。

お? フェルスタッペンがストップ・・・!

コントロールライン手前でエンジンがブロー。すぐにマシンを止めました。

トロ・ロッソマシンをその場に置いて、フェルスタッペンはガレージへ戻ります。

ピットストレートはイエローフラッグが振られています。

セーフティカー導入。

53周目

このインシデントにより、アロンソが13番手に上がり、バトンは現在14番手を走っています。ダブル完走が目標と語っていたマクラーレン。バトンはダメージを負いながらもチェッカーを目指しています。

52周目

マルドナドがピットに戻ります。ロータスのクルーがマシンをガレージに収め、マルドナドは中国でもリタイアとなってしまいました。

バトンとマルドナドの一件についてはレース後に審議が行われるとのこと。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • 表彰台ではしゃぐルイス・ハミルトン(中国GP/上海、2015年4月12日) パルクフェルメでフェラーリのメンバーと表彰台を祝うセバスチャン・ベッテル(中国GP/上海、2015年4月12日) トロ・ロッソのチームメイト対決(中国GP/上海、2015年4月12日) レース終了間際に導入れたセーフティカー(中国GP/上海、2015年4月12日)
  • フェラーリ勢の前を行くニコ・ロズベルグ(中国GP/上海、2015年4月12日) 後続とのリードを広げるキミ・ライコネン(中国GP/上海、2015年4月12日) レース後にパルクフェルメに停められた各車(中国GP/上海、2015年4月12日) 集団の先頭を走るフェリペ・ナッサー(中国GP/上海、2015年4月12日)
  • エンジンブローに見舞われたマックス・フェルスタッペン(中国GP/上海、2015年4月12日) チームメイトのバルテリ・ボッタスを抑えて走るフェリペ・マッサ(中国GP/上海、2015年4月12日) ジェンソン・バトンとの接触でスピンを喫したパストール・マルドナド(中国GP/上海、2015年4月12日) リタイアを喫したダニール・クビアトのレッドブルRB11(中国GP/上海、2015年4月12日)