ESPNF1 APP

ケータハム

ケータハム RSS
イギリス

  • Also known as ケータハム
  • ニックネーム ケータハム
  • エンジンサプライヤー ルノー
  • テクニカルディレクター マーク・スミス
F1キャリア / 戦績
Year エンジン Driver Race Start Won Pod Class Best 1+2 Pole Front Best Lap Pts Pos
2012 Renault H Kovalainen, V Petrov, A Rossi, G van der Garde 20 39 0 0 36 11 0 0 0 16 0 0 -
2013 Renault H Kovalainen, QH Ma, C Pic, A Rossi, G van der Garde 19 38 0 0 30 14 0 0 0 14 0 0 -
2014 Renault M Ericsson, R Frijns, K Kobayashi, A Lotterer, R Merhi, A Rossi, W Stevens 17 33 0 0 21 11 0 0 0 13 0 0 -
Total 56 110 0 0 87 11 0 0 0 13 0
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 オーストラリアGP アルバート・パーク 2012年3月18日 レース結果
ラストレース アブダビGP ヤス・マリーナ 2014年11月23日 レース結果
プロフィール

"ロータス・レーシング"から"チーム・ロータス"と名を変えたトニー・フェルナンデス所有のチームは、2010年にグループ・ロータスの支援を失ってプラン再考を迫られる。ただ、フェルナンデスが2011年にケータハム・カーズを買収したため、チームは自動車メーカーと提携することが可能になった。グループ・ロータスとの訴訟はフェルナンデス側に利がある状況だったが、参戦2年目の終わりにフェルナンデスは決別すべき時だとの考えに至る。

このチームがかつてコリン・チャップマンの築いた"ロータス"とは無関係であること、また、ロータスを有名にしたブラック&ゴールドのマシンカラーを使用するのが許されていないことが、2010年から2011年シーズンにかけての継続した論点だった。また、コース上に目を移してもチームの成績は振るわず、レース優勝経験のあるヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンのコンビをもってしても得点を挙げることはできなかった。チームは2年連続でコンストラクターズ選手権10位につけるが、中団とのギャップは大きく開いていた。

それでも、2年連続で10位につけていたチームにとって、最も重要だったのは名称変更に伴い全チームの承認を受けること。さもなければフェルナンデスは大きな意味を持つFOMの賞金をあきらめなければならない。結局はグループ・ロータスがチーム・ロータスの名称権を再獲得し、フェルナンデスのチームはケータハムと名称を改めることとなった。当初からのフェルナンデスの意図の明確な現れとして、チームはすぐにケータハムカーズやケータハム・コンポジッツ、ケータハム・テクノロジー・アンド・イノベーションを含むより大きなケータハム・グループ傘下の一員となっている。

ノーフォーク・ヒンガムを本拠としていたケータハムは将来的にリーフィールドにあるTWRの施設への移転を意図していた。この施設は最近ではSUPER AGURIが使用していたもので、移転は2012年に完了している。

前年に引き続きルノーエンジンとレッドブル製ギアボックスを使用したのに加え、初めてレッドブルのKERSも取り入れた2012年。新たな名称になったチームはヘイキ・コバライネンとヤルノ・トゥルーリのコンビを継続するとしていたものの、シーズン開始前にトゥルーリに代わってヴィタリー・ペトロフの起用が発表されている。最終戦ブラジルGPでこのペトロフが12位に入ったため、ケータハムはマルシャからコンストラクターズ選手権10位の位置を奪うことに成功した。

中団グループの後方に追いつくことを目指して挑んだ2013年だが、新ラインアップであるシャルル・ピックとルーキーのギド・ヴァン・デル・ガルデと共にチームは苦戦を強いられる。

ランキング最下位に転落したケータハムはまたもドライバーを一新し、2014年は小林可夢偉とマーカス・エリクソンの布陣を整えたものの、新ターボ時代の幕開けとなったこの年はルノーのパワーユニットが大苦戦し、ケータハムのリザルトも伸び悩む。

同年は財政問題がシーズンを通して先鋭化されたシーズンでもあり、ケータハムはUS GP前に管財人の管理下に置かれる事態に至った。US GPとブラジルGPの2戦を欠場したケータハムはクラウドファンディングのプロジェクトで資金を集め、何とか最終戦アブダビGPのグリッドにこぎつける。エリクソンがザウバーとの契約を決めたため、最終戦ではウィル・スティーブンスがその代役を務めた。これで2015年までエントリーをつないだケータハムだが、チームの管財人は2015年に入っても買い手を探している状態で、開幕戦のグリッドにつけるかどうかははっきりしていない。状況は厳しい模様で、重要機材を含むチームの資産は3月11日(水)からオークションにかけられる予定だ。

このページのトップへ上へ

最新ニュース
関連ニュースリスト »

このページのトップへ上へ

最新画像

11月 25, 2014

コースオフしたスティーブンス

11月 23, 2014

ウィル・スティーブンス

11月 21, 2014

グランプリデビューを果たしたスティーブンス

11月 18, 2014

グリッドに復帰してガレージの準備に取りかかるケータハム

このページのトップへ上へ