Caterham

/ News

  • ケータハム

ガスコインがグループCTOに昇進

M.S.
2012年2月17日 « HRT、第2回テストを欠席 | メルセデス、秘密裏に新車をシェイクダウン »
新しい役職と共にレースを訪れることになるガスコイン © Sutton Images
拡大
関連リンク

マイク・ガスコインがケータハム・グループのチーフ・テクニカル・オフィサー(CTO)に昇格し、テクニカルディレクターのマーク・スミスがF1チームでより多くの責任を引き受けることとなった。

ガスコインはチームが誕生し、2009年にロータス・レーシングとしてデビューした当時からCTOの任に就いてきた。トニー・フェルナンデス(グループ会長/チーム代表)によるケータハム買収以来、グループは成長を続け、F1およびGP2チームに加え、"Caterham Composites(ケータハム・コンポジット)"、"Caterham Technology & Innovation(ケータハム・テクノロジー&イノベーション)"が加わっている。チームリリースによればガスコインは「グループ内での発議、サポート、キーとなる技術的構想の調整に責任を持つことになる」という。

ガスコインは新しい役職がもたらす機会に興奮していると語り、スミスはF1チームでさらなる責任を持つ人物として理想的な人物だと話した。

「これは私にとって大変晴れがましいときだ。トニー(フェルナンデス)、カマルディン(マラヌン/チーム副代表)、ナサ(S.M.ナサルディン/チーム副代表)、リャド(アスマット/CEO)は数々の非常にエキサイティングな部門においてケータハム・ループを将来の開発に向けた本格的な力として確立した。私の新しい役目は、われわれがすでに働いているすべてのセクターに新しいプロジェクトを創造し、届けることによってグループ全体にわたる価値を高め、それぞれのグループ企業に新たなチャンスを開くための一助となる機会を私にもたらすだろう」

「マーク・スミスは彼がこれからF1チームで果たすことになる幅広い役割を担うのにまさに適切な人物だ。そして、私はケータハム・テクノロジー&イノベーションでマーク・エドワーズと、ケータハム・コンポジットでフィル・ホールと、さらにケータハム・カーズでアンサー・アリとこれまで以上に緊密に共に働けることを楽しみにしている。これは大きな挑戦だが、私はこの挑戦にとても興奮しており、この機会を与えてくれた株主に感謝したい」

また、フェルナンデスは次のように話している。

「われわれが彼に提示したケータハム・グループ全体にわたる技術的な管理をリードするという挑戦を引き受けてくれたことに、われわれは皆とても喜んでいる。彼の経験、知識、情熱、創造性は、われわれがすべてのグループ企業に課した野心的なゴールを達成する助けとなる完ぺきなスキルを彼に与えている。そして、マイクはこれから待ち受けていることに胸を踊らせているのだ」

© ESPN Sports Media Ltd.