Caterham

/ News

  • ケータハム

ケータハム、リーフィールドへ移転

Me
2012年1月18日 « ヒル、バーレーン開催を支持 | 家族は賛成してくれたとブルーノ »
フェルナンデスはF1とGP2チームをケータハム・カーズと同じ屋根の下で運営していく構想を描いている © Sutton Images
拡大
関連リンク

ケータハムは現在ノーフォークにある拠点を今年の8月にリーフィールドに移すことを明らかにした。

F1デビューを控えた2009年にチームが創設されて以来、彼らはヒンガムを拠点としてきた。彼らのGP2チームも同じファクトリーがベースだ。ケータハム・カーズを傘下におさめたチームは、かつてアロウズが拠点としていたオックスフォードシャーに移転することを決めた。レースチームと自動車会社を同じ屋根の下におさめたいと考えている。

2つの事業を1つにまとめることは、チームとケータハム・カーズ双方の進化に役立つとチーム代表のトニー・フェルナンデスは語った。

「ヒンガムのファクトリーはわれわれが2009年9月にF1世界選手権にエントリーして以来、われわれのホームだった。それは大きな役割を果たし、F1チームとGP2チームの両方を立ち上げる初期段階において完ぺきなプラットホームとなってくれた」とフェルナンデス。「しかしながら、2つのチームが成長するに従い、またそのプロセスでケータハムカーズを取得し、より大きなケータハム・グループを設立したことによって、コース内外でわれわれが抱く将来的ゴールを達成するためには自動車会社とレースチームを同じ施設におさめる必要があることが明らかになってきた。そこで、レーシングカーとロードカーの製造というわれわれの将来的ニーズを満たすサイトを探し始めたところ、すぐにリーフィールドが選択肢に浮かび上がってきた」

フェルナンデスはまた、現地にケータハム・カーズのための新しい施設を建築すると述べ、一方でケータハム・コンポジッツについては引き続きノーフォークにとどめると述べた。

「F1とGP2チームの移転は2012年8月頃を考えている。両チームのために必要な要素をそろえ、インフラストラクチャーを整えるには十分な時間だろう。やがては敷地内にケータハム・カーズ専用の開発、製造施設を作る。リーフィールドを舞台に、ケータハム・カーズのための新しい本拠地を用意するつもりだ。ケータハム・グループの2つの主要部門にとって永住の地となるだろう。どの機能を新サイトに移すかについてはチーム全体と十分に協議して決めることになる」

© ESPN Sports Media Ltd.