Caterham

/ News

  • ケータハム

ケータハム従業員、閉め出される

Me
2014年10月23日 « グロージャン、2015年残留を示唆 | ハース、「最初の5年は生き残るだけ」 »
© Caterham
拡大

チームの将来に深刻な危険信号が点灯する中、スタッフがリーフィールドにあるケータハムから閉め出されてしまった。

22日(水)に管財人と合意できなかったチームマネジメントは、撤退もやむなしとの声明を出し、7月にチームを売却した投資家に株式を譲渡しなかったとして前オーナーのトニー・フェルナンデスを名指しで非難した。

これによってケータハムは不安定な状態に取り残されている。新経営陣の公のトップとしてチーム代表を務めているマンフレディ・ラベットは身を引くよう指示されたと打ち明けた。

「私は、直接の上司にあたる実体から身を引くよう要請された。これに従わねばならない」とラベットは『Crash.net』に述べた。「そのため、ここからはケータハムF1チームのオーナー――それは今もフェルナンデス氏だと理解している――が必要な手順を踏む必要がある。この質問にどう答えていいものか私には分からない。先週を終えた段階では分かっていたつもりだったが、今やシナリオは完全に変わってしまった」

彼のコメントは23日(木)の朝に従業員が『Caterham Sports Limited(ケータハム・スポーツ・リミテッド/CSL)』の管財人からファクトリーのゲートで追い返されたことを受けてのものだ。CSLはエントリーホルダーである『1Malaysia Racing Team(1マレーシア・レーシング・チーム/1MRT)』のためにマシンを製造している会社だ。

「彼ら(スタッフ)は今日、ファクトリーに入ることはできない」とCSLの共同管財人、フィンバー・オコンネルは『Reuters(ロイター通信)』に語った。「彼ら(1MRT)はわれわれの施設を使用しながら、代金を支払っていない」

「事実上、1MRTは私が到着したときから数日間、この建物にいた。彼らがそこにいられるよう、条件を満たした手配ができるよう努力している。昨日、1MRTと彼らの弁護団士と面会したが、彼らのオファーは受け入れられないものだった。そのためお帰りいただいた」

「受け入れ可能なプロポーザルを持ってきていただきたいものだ」

US GPが1週間後に控えており、合意が結ばれるまで通常の準備が見合わされているケータハムの参加は非常に危うくなっている。

© ESPN Sports Media Ltd.