Caterham

/ News

  • ケータハム

ロッテラー、コレスの申し出を断る

Me
2014年9月4日 « ハース、フェラーリエンジンを使用 | 可夢偉、モンツァへ急行 »
金曜1回目のフリー走行に出られないと聞いて、申し出を断ったというロッテラー © Sutton Images
拡大

今週末のモンツァで2度目の登場を果たす機会をアンドレ・ロッテラーが断っていたことが分かった。

これまでイタリアGPの週末でケータハムに乗るのは、スパで小林可夢偉と交代したル・マンウイナーのロッテラーではなく、スペイン人ルーキーのロベルト・メルヒが有力とされていた。

しかし、ワールドシリーズとドイツ・ツーリングカー選手権のドライバーであるメルヒにはFIAからスーパーライセンス発給が認められなかったようだ。

スペイン紙『Diario AS(アス・ディアリオ)』によれば、ケータハムの代表者であるコリン・コレスの"プランB"は、金曜午前中のプラクティスでメルヒを走らせ、残る週末でロッテラーを走らせることだったという。

イタリアで再びレースに出ないかというコレスの申し出を、ロッテラーは1度は引き受けたという。

「僕自身、疑問は感じた」と彼のコメントを同紙は伝えた。「でも、チームが強く勧めるから受け入れたんだ」

「ところが、火曜日にコリン・コレスから、最初のプラクティスセッションではメルヒが僕の代わりに出るって言われて、考えを変えた。僕は参加しないと彼らに伝えたんだ」

「僕はF1には新顔だから、走る必要がある」と彼はその理由を説明した。

コレスは、メルヒに完全なスーパーライセンスを発給してもらうために、金曜日に彼をイタリアで走らせてFIAを納得させる計画に切り替えたという。

「300kmを走る必要があるんだ」とロシアの支援者を持つメルヒは述べた。「金曜日にこのテストを遂行できれば、次のグランプリはグリッドでもっと経験を得るための機会になる」

「一歩一歩行くのがベストなんだ」と23歳のメルヒは付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.