Caterham

/ News

  • 小林可夢偉

可夢偉の復帰に意味深なコメント

Me
2014年1月10日 « アーバイン、ナイトクラブの乱闘で懲役6カ月 | フェラーリのV6テストをめぐるうわさ »
「可夢偉のような経験を持つ複数のドライバーが検討されている」とケータハムのスポークスマンが語った © Ferrari
拡大

小林可夢偉のF1復帰が近いかもしれない。

2012年末にザウバーを離れた可夢偉は、昨シーズンはスクーデリア・フェラーリの一員として世界耐久選手権に参戦した。

27歳の可夢偉にはF1レース復帰を望む日本のファンから1億8,000万円超の募金が集まっており、クリスマス前にはケータハムのファクトリーを訪れる姿が目撃されている。

トヨタとザウバーでドライバー経験を持つ可夢偉について、ケータハムのスポークスマンは『Sky(スカイ)』に次のように語った。「現在、多くのドライバーの名前がケータハムと関連づけられており、われわれにとっては非常にいいニュースです」

「可夢偉のような経験、才能と人気を備えたドライバーがわれわれのチームとうわさされるのは光栄なことだと思います」

「ドライバーに関しては時が来れば発表しますし、可夢偉のような経験を持つ複数のドライバーが検討されています」

2013年にチームのドライバーを務めたのはギド・ヴァン・デル・ガルデとシャルル・ピックだが、どちらも新シーズンの保証は得ていない。

可夢偉以外には、ルーキーのマーカス・エリクソンと、以前チームでレースドライバーを務めていたヘイキ・コバライネンが有力視されている。

スポークスマンは、2014年ドライバーの"少なくとも1人"は経験者になるだろうと認めた。

「ルールとマシンが新しくなることを考えると、経験者の存在が特に重要になります」と彼は述べた。

ケータハムのドライバー発表が"非常に近い"ともスポークスマンは付け加えている。

© ESPN Sports Media Ltd.