Caterham

/ News

  • ケータハム

ケータハム、リザーブ2人を指名

Me
2013年3月1日 « ケータハムも新ソリューションを撤去 | リザーブ選択は"投資"とアビテブール »
ロッシは昨年の若手ドライバーテストでケータハムをドライブした © Sutton Images
拡大
関連リンク

ケータハムがアレキサンダー・ロッシとマー・チンホワの2人を2013年シーズンのリザーブドライバーに指名した。

ロッシはチームと2011年以来の関係であり、昨年のスペインGPでFP1デビューを果たした。ロッシの役割についてチームは、"シーズンを通して複数のFP1セッションに参加してもらう"としている。

「この冬、僕の2013年プログラムについてケータハムF1チームと何度も話し合いをした結果、今日の発表によってF1でレースをするという僕のゴールに一層近づくことができた」とロッシはコメント。「2013年はケータハムファミリーでの3度目のシーズンとなり、僕はチーム全体としっかりとした関係を築けている」

「金曜プラクティスでは各セッションでチームの走行プランを満たすことが僕のゴールであり、みんなと密接に協力して常に次の機会に備えられるように可能な限り多くのことを学びたい。ケータハムF1チームのリザーブドライバーとしてF1イベントに出席することで、技術的、コマーシャル的、そしてスポーティング的に次のステップへ進むための最高の準備ができる」

2012年にHRTのリザーブドライバーを務めたマーはチームのGP2マシンをドライブしながらケータハムのリザーブを兼任することになり、中国GPでのFP1参加が決まっている。

「ケータハムファミリーの一員になることが決まってすごく興奮しているし、GP2でレースをし、F1経験を広げるチャンスを与えてくれたケータハムF1チームとケータハムレーシングの皆さんに感謝したい」とマーはコメント。「どちらのチームも正しい方向へ成長し続けるために必要なものをすべて持っており、僕は彼らが今年の目標としているものを達成できるように重要な役目を果たしたいと思う」

「僕がGP2で戦い、F1で今後の役目を果たすことによって母国の人たちはすごく喜んでくれるはずだ。中国は最高レベルのモータースポーツに関係するドライバーがいることを誇りに思うだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.