カナダGP

/ News

  • カナダGP

カーティケヤンにタイム加算ペナルティ

M.S.
2011年6月13日 « バトン、大波乱のレースで劇的勝利 | FIAにハミルトンへの行動を要求するラウダ »
今季最高のリザルトを失ったカーティケヤン © Sutton Images
拡大
関連リンク
  • チーム:
  • HRT

HRTのナレイン・カーティケヤンのカナダGPリザルトは、レース終盤に最終シケインをカットしたことがアドバンテージになったとの判断により14位から17位に降格された。

目まぐるしい展開となった決勝レースでカーティケヤンは連なるマシンの一団を率いて14位でフィニッシュした。しかしながらレースの後になって、映像を確認したスチュワードはターン13と14のシケインをカットしたことによるドライブスルーペナルティの代わりに20秒加算のペナルティを科している。

「レースディレクターからの報告を受けたスチュワードは以下の事柄を考慮し、次に名を挙げる参戦者にレギュレーション違反があったと判定して下記ペナルティを科す」とスチュワードの声明にはあった。

この決定により、カーティケヤンがHRTでF1復帰を果たして以来のベストリザルトが奪われることとなった。

© ESPN Sports Media Ltd.