カナダGP

/ News

  • カナダGP

カナダGP決勝後の記者会見パート1

Me
2011年6月13日 « 2011年第7戦ドライバーコメント決勝 | カナダGP決勝後の記者会見パート2 »
カナダGPを制したバトン © Sutton Images
拡大
関連リンク

波乱に満ちたカナダGP決勝レースの最終ラップでラップリーダーとなり、そのままチェッカーを受けて今季初勝利を遂げたジェンソン・バトン(マクラーレン)、最後の最後にミスを犯して優勝を逃したセバスチャン・ベッテル、3位表彰台に上ったマーク・ウェバー(共にレッドブル)が記者会見に出席した。

Q: ジェンソン、ものすごいレースでした。チェッカーフラッグまで待った甲斐がありましたよ。一度は最後尾に落ちてからの1位ですね。チームメイト(ルイス・ハミルトン)、そしてフェルナンド・アロンソとの接触がありました。しかし何という勝利でしょう。

ジェンソン・バトン: うん、本当に何といっていいか分からないよ。すごく感動的な3時間だった――いや、スタートから何時間経っているのか知らないけど。ルイスとのインシデントは・・・彼が並んできた時は何も見えなかったんだ。ミラーは全く使えない状況だった。どうしようもなかったし、彼には謝ったよ。それからはすごいバトルだったね。セーフティカー中のスピード違反でドライブスルーを科されて、3回くらいポジションを取り戻さないといけなかった。気付くと最終ラップではセブを追いかけていた。彼はサーキットの濡れた部分で少しふくらんでしまい、僕はそのチャンスをものにして勝つことができた。でも、たとえ勝てなかったとしても今日は最高に楽しかったし、素晴らしいレースだったと思う。でも、うん、すごい勝利だし、今までで一番かもしれないね。

Q: セバスチャン、今回も高いプレッシャーの中でのフィニッシュでしたが、今日は思い通りにいきませんでしたね。ガッカリしていますか?

セバスチャン・ベッテル: そりゃそうさ。スタートからフィニッシュまですごく難しいレースだったと思うし、最終ラップまで僕らはリーダーだった。いや、再開後はというべきかな。最後のセーフティカーピリオドの後、コンサバティブになりすぎたんだと思う。もっとギャップを広げておくべきだった。後ろとのギャップを保とうとしていたらジェンソンがみるみる追い付いてきたんだ。このくらいのプッシュで僕は最後まで大丈夫だと思ったんだけど、そうじゃなかった。間違いだったよ。すごくガッカリだね。ラインが1つしかないところでリアをロックアップさせてしまうと、まっすぐに進むしかないんだ。濡れたところに飛び込んでしまって、彼にあっさり抜かれちゃったよ。でも今日はいい1日だったと思う。ミスをしやすい難しい1日だったし、完走できなかったクルマも多いから、ポイントを取れて良かったよ。でも目の前にあったものを取り逃がしてしまうのは後味のいいものじゃない。全部含めればいいレースだったとは思うけどね。

Q: マーク、あなたは真っ先にスリックタイヤに交換し、最後はミハエル・シューマッハ、ジェンソンと、信じられないようなバトルを繰り広げましたね。

マーク・ウェバー: ああ、ちょっとばくちを打つ必要があった。ドライラインの関係で、何人かは抜くのが大変な人たちもいた。インに飛び込めるラインはすごく狭いんだ。当然、マイケル(シューマッハ)や(ニック)ハイドフェルドのようなベテランはやるべきことを分かっている。でも賭けるしかないと思った。僕がピットインした次のラップに誰も反応しなかったのはラッキーだったよ。そうするかなと思っていたんだ。表彰台に返り咲くにはあの2周で十分だった。マイケルとはなかなかいい戦いができたけど、苦労したよ。どちらもシケインのメインブレーキングでは同じ場所を取りたいからね。最後には成功したけど、すぐにJB(バトン)がすごい速さでやってきたんだ。できるだけフェアな走りを心がけた。みんなそうだったよ。一度はシケインでマイケルをパスしたものの、ポジションを譲らなければいけなかった。この結果を手にするだけの仕事はしたと思う。JBはすごいレースをしたね。セブも見事だったけど、こういうコンディションではミスを犯しやすいものだ。1周目のルイスとのことがあったから、今日の僕には3位がベストだったと思う。

Q: ジェンソン、この後ルイスとフェルナンドをつかまえて、お話をするつもりですか? それともすぐお祝いに出かけますか?

バトン: ルイスとはもう言葉を交わして、お互い納得している。これから午後は忙しくなるよ。もちろんお祝いをしなくちゃね。昨日が誕生日だった仲のいい友達がいて、(道端)ジェシカと父もいるからモントリオールを味わい尽くすよ。楽しみだな。フィジオのマイキー(コリア)も来ているから、今夜は思い切り楽しんでこの結果を祝いたいね。すごいバトルで素晴らしい結果だった。チームのみんなにありがとうと言わなくちゃ。僕は8回か9回ピットインした気がするんだけど・・・(続きは携帯サイトで!)

携帯サイト『F1-Live.com MOBILES』ではカナダGPで開かれるすべての記者会見の全文を配信! F1最新ニュースをイチ早く、さらに盛りだくさんの内容でお送りするF1-Live.com MOBILES(月額315円)で、ぜひF1シーズンをご堪能ください。

携帯サイトURL⇒http://k.F1-Live.com/m

i-mode: メニューリストスポーツモータースポーツ
EZweb: カテゴリ(メニューリスト)趣味・娯楽/スポーツ・レジャー車・バイク
Y! ケータイ: メニューリストスポーツF1・モータースポーツ

公式twitter URL: @ F1_Live_com

QR Code

© ESPN Sports Media Ltd.