カナダGP

/ News

  • カナダGP

カナダGP予選後の記者会見パート2

Me
2011年6月12日 « カナダGP予選後の記者会見パート1 | ブロウンディフューザー禁止はイギリスGPから »
予選トップ3に入ったベッテル、アロンソ、マッサ © Sutton Images
拡大

カナダGP予選でトップ3に入ったセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、フェルナンド・アロンソ、フェリペ・マッサ(共にフェラーリ)が記者会見に臨んだ。

Q: フェルナンドとフェリペ、今年のフェラーリはバルセロナを除き、予選よりレースペースの方が強い傾向がありますね。ここではレッドブルに少し近づいています。明日はどんなことを期待していますか? 勝利を狙うとおっしゃいましたが、本当ですか?

アロンソ: まあもう少し待ってよ。フェリペが言ったように明日の予報は雨。雨のレースコンディションで全車一緒に走ったことはまだないんだ。バルセロナテストで数周したことはあるけど、全チームじゃなかったし、中国でも金曜日に少し降ったけど、コースに出た人もガレージで待った人もいた。だから、明日は全員がピレリのウエットタイヤを履いて走る初めての機会かもしれない。どんなペースになるんだろうね。それからマクラーレンの存在も忘れちゃいけないよ。予選ポジションにかかわらず、彼らのセットアップ、スピードを見るとダウンフォースを付けているように思えるから、ウエットコンディションではコンペティティブな可能性がある。タフな競争になりそうだけど、見ている人たちにとっては面白いかもね。僕らはちょっと大変だけど、構わないさ。

マッサ: うん、フェルナンドが言ったように明日は違うコンディション、違う天気、違うレースになるかもね。僕らは今までのレースと同じようにいけば・・・もっと進歩するはずだ。予選よりレースで良くなることを期待しているけど、天候の変化にも備えないといけない。さらに、ここは雨の中の走行が簡単なコースじゃないから、慎重にいかないとね。

Q: 皆さんにお聞きします。明日の雨に備えてどのような準備をされてきましたか?

ベッテル: レインタイヤを用意して、コートと傘も持ってきたよ。いや、まじめな話、今僕らにできることは多くない。クルマには触れないからね。何かあるとすれば、予選前にベッドを整えることだけさ。マシン面で変えられるのはタイヤとわずかな部分だけ。後は待つしかない。雨がどのくらいの強さでどれだけ長く続くか、風もかなり強いといわれているし、それほど暑くはならないはずだけど、気温や風は路面の乾き方に関係する。天気予報によって別々のことを言っているから、一番いいのは明日の朝起きてから外を見て判断することさ。

Q: フェルナンドとフェリペにお聞きします。今回はセバスチャンにそれほど後れを取っていませんが、ホッとしていますか?

マッサ: そうだね。僕らはいつも1番を目指している。セバスチャンは今年、たくさんのポールを獲得して、いつも先頭にいるよね。Q2、Q3で同じタイヤで戦えるところを見ると、僕らも強くなっている。その方向性は正しいと思う。もっとプッシュし続けていきたい。すべての予選とレースでいい戦いがしたいね。

Q: セバスチャン、マーク・ウェバーによると彼は予選でKERSを使えなかったそうです。もしも明日KERSに問題が生じるという不運に見舞われた場合、KERSなしでレースに勝てると思いますか?

ベッテル: というか、問題が起きたら僕に選択肢はないよ。クルマを止めて"よし、再充電だ"というわけにはいかない。僕は今週末これまでのところ問題は起きていないし、見通しは悪くない。先のことは分からないよ。この2人に明日、エンジンがブローする可能性を聞いてみたらいい。すごく低い確率だろうけど、絶対とはいえないよ。確かに、フェラーリエンジンがブローするよりも僕らのKERSの方がリスクは高いね。午後、マークはまだ問題を抱えていた。今夜中に解決できるとは思うけど、様子を見ないとね。この段階で決めるのは・・・(続きは携帯サイトで!)

携帯サイト『F1-Live.com MOBILES』ではカナダGPで開かれるすべての記者会見の全文を配信! F1最新ニュースをイチ早く、さらに盛りだくさんの内容でお送りするF1-Live.com MOBILES(月額315円)で、ぜひF1シーズンをご堪能ください。

携帯サイトURL⇒http://k.F1-Live.com/m

i-mode: メニューリストスポーツモータースポーツ
EZweb: カテゴリ(メニューリスト)趣味・娯楽/スポーツ・レジャー車・バイク
Y! ケータイ: メニューリストスポーツF1・モータースポーツ

公式twitter URL: @ F1_Live_com

QR Code

© ESPN Sports Media Ltd.