カナダGP

/ News

  • カナダGP

レース参加が認められたダンブロジオ

M.S.
2011年6月12日 « 巻き返しに満足するウェバー | 2011年第7戦ドライバーコメント予選 »
金曜日のクラッシュで大ダメージを負ったマシン © Sutton Images
拡大
関連リンク

カナダGP予選で107%ルールをクリアできなかったヴァージンのジェローム・ダンブロジオだが、決勝レースはスタートできる予定だ。

ベルギー出身のルーキーであるダンブロジオは予選Q1でトップから107%以内のタイムを出せなかった唯一のドライバーだった。

しかし、11日(土)の午後遅く、ダンブロジオが新しいシャシーでジル・ビルヌーブ・サーキットに挑まなければならなかったことから、レース参戦を認めるべきだとヴァージンがスチュワードに主張したことが明らかになった。

ダンブロジオは金曜日のフリー走行中にターン4でクラッシュを喫し、元のシャシーにダメージを負っていたのだ。

「FIAはジェロームが今日の午前に新しいシャシーを使用しなければならなかった事実を鑑み、明日のレースを許可した」とチームは認めている。

© ESPN Sports Media Ltd.