カナダGP

/ News

  • カナダGP - 予選

ベッテル、今季6度目の予選トップ

M.S.
2011年6月12日
カナダでもライバルの追随を許さなかったベッテル © Getty Images
拡大
関連リンク

豊かな自然に包まれたのどかな光景とは裏腹にハイスピードな戦いの舞台となってきたモントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキットにて12日(日)日本時間深夜2時(現地時間11日13時)から2011年FIA F1世界選手権第7戦カナダGP予選が実施された。

日頃は公園の周遊路として使用されているサーキットは路面の汚れとコース脇に迫るウオールが特徴。クラッシュが相次いだ初日に続き、土曜フリー走行でもセッション終了直前にセルジオ・ペレスの代役としてザウバーに乗り込んだペドロ・デ・ラ・ロサがウオールに接触してストップしている。

金曜日に行われた2回のフリー走行ではそれぞれニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)とフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が1分15秒台をマークしてトップに立ったが、予選を前に土曜日に実施されたセッションでは全体的にペースが上がり、終盤にタイムを更新したレッドブルのセバスチャン・ベッテルが1分13秒381の最速タイムをたたき出した。他にアロンソ、ロズベルグ、フェリペ・マッサ(フェラーリ)が同じく1分13秒台でベッテルに続いている。一方、ベッテルの僚友であるマーク・ウェバーはKERSのトラブルにより60分の走行時間をまるまる失ってしまった。

朝から雲に覆われたモントリオールの空模様は現地午後に入っても変わらず、気温22度、路面温度25度というコンディション。20分で行われるQ1が始まるとヴァージンのジェローム・ダンブロジオがコースイン、ややあってぱらぱらと他のドライバーたちも行動を開始する。

5分が経過したところで全車がコースに出揃い、土曜フリー走行で一度も走ることができなかったウェバーやクラッシュを喫したデ・ラ・ロサもタイムアタックに入る。まずはベッテルが1分13秒台目前の好タイムを刻み、アロンソとマッサのフェラーリ勢が2-3、バトンとハミルトンのマクラーレンコンビが4-5の態勢を築いた。

トップタイムをマークしたベッテルはガレージへと向かうも、ライバルたちはコースにとどまる。アロンソが1分13秒台をたたき出して最速タイムを塗り替え、ハミルトンが4番手に浮上した。バトンを置いて暫定6番手にウェバーがつけている。

セッションの半ばを過ぎ、上位に並んだフェラーリ、レッドブル、マクラーレン、メルセデスGPの各陣営はQ1での走行を早々と切り上げた。タイムシートの下方ではダンブロジオとHRTのナレイン・カーティケヤンがアロンソのトップタイムから107%以内に収まるべく再度のタイムアタックに取り組み、カーティケヤンは何とか範囲内に飛び込んだものの、ダンブロジオは目標タイムに届かないまま予選を終えた。

ここでノックアウトされたのは18番手のハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)以下、ヤルノ・トゥルーリ、ヘイキ・コバライネン(共にロータス)、ビタントニオ・リウッツィ(HRT)、ティモ・グロック(ヴァージン)、カーティケヤン、ダンブロジオ。Q1トップタイムはアロンソの記録した1分13秒822で、ここから107%以内に入ることができなかったダンブロジオの決勝出場可否はスチュワードの判断に託される。

Q2がスタートするとウィリアムズのパストール・マルドナドを先頭に各車がコースへ向かう。マルドナドがハード側のプライムタイヤを選択したのに対しオプションタイヤを使用するマシンも多く、チーム内でもドライバーによって戦略が分かれている。

まずはルノーのヴィタリー・ペトロフとニック・ハイドフェルドが上位に並ぶも、後から始動した強豪チームがオーダーを入れ替えていく。タイムシートの頂点に立ったベッテルのタイムをウェバーが更新したものの、再びベッテルがチームメイトの記録を上回った。

後半にはカナダで速さを見せているフェラーリからマッサが全体のベストタイムをたたき出す。マッサ以下、ベッテル、ウェバー、アロンソ、ハミルトン、ロズベルグ、バトン、シューマッハ、ペトロフの9名はガレージから残るセッションの行方を見守った。

3分を残してノックアウト圏内の11番手にいた可夢偉をはじめ11名がQ3進出をかけてタイムアタックを続けたものの、一足先に予選を終えた9名のタイムには誰も届かない。最終的にQ3行きのラストチケットをつかんだのは10番手タイムをマークしていたハイドフェルドだった。

マッサが刻んだQ2トップタイムは1分13秒431。11番手以降のポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、マルドナド、可夢偉、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)、ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)、デ・ラ・ロサの予選順位がここで確定している。

10分で争われるQ3では最初にコースへ向かったハイドフェルドに他のメンバーも続き、メルセデスGPの2台以外は全員が続々とガレージを離れた。各ドライバーのタイムが出始める頃にロズベルグがタイミングをずらしてコースに入った一方、シューマッハはさらに様子をうかがった。

ベッテルが1分13秒フラットでトップに立つと、それに迫るフェラーリ勢がマッサ、アロンソの順で2番手と3番手に並び、ウェバーとハミルトンがトップ5に名を連ねる。

シューマッハが動いたのは全員のタイムが出揃ってからのことだった。6番手タイムを残してコースを去ったロズベルグ以外の9名が最後までタイムアタックを続行し、アロンソがペースを上げたものの、ベッテルのタイムには及ばず。

今季6度目のポールポジションを手に入れたベッテルのタイムは1分13秒014。アロンソが2番手でフロントローに並び、3番手以降はマッサ、ウェバー、ハミルトン、ロズベルグ、バトン、シューマッハ、ハイドフェルドと続き、ペトロフがトップ10入りを果たした。

カナダGP決勝は13日(月)日本時間深夜2時(現地時間12日13時)からスタート予定。決勝レースもお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.
コメント: 1