カナダGP

/ News

  • カナダGP

ペレス不調により代役にデ・ラ・ロサ

Jim
2011年6月11日 « バーレーン論争に勝者なしとウィットマーシュ | デビューを逃し、落胆するグティエレス »
急遽代役を務めることになったデ・ラ・ロサ © Sutton Images
拡大
関連リンク

ザウバーのセルジオ・ペレスはカナダGP金曜フリー走行に参加したものの、残りの週末はコックピットの外で過ごすことになった。

2週間前に行われたモナコGP予選でクラッシュを喫したペレスは北米での一戦に向けて体調回復に努め、9日(木)にモントリオールで実施されたFIAの検査に合格、レースへの出走が認められていた。

しかしながら、27周を走って11番手タイムを残した初回セッションを終え、ペレスはチームに体調不良を報告している。

これを受けて、フェラーリエンジンを積むザウバーはマクラーレンのリザーブドライバーで、昨シーズン途中までザウバーのレースシートに座っていたペドロ・デ・ラ・ロサを代役に指名し、ジル・ビルヌーブ・サーキットで行われる決勝レースまでデ・ラ・ロサがザウバーマシンを駆ることになった。

ザウバーのリザーブドライバーはペレスと同じくメキシコ出身のエステバン・グティエレスが務めているが、今週末はカナダに帯同していないと考えられている。

© ESPN Sports Media Ltd.