カナダGP

/ News

  • カナダGP - 予選

ハミルトンが通算65回目のポール獲得!

Jim
2017年6月11日
© Mirko Stange/Sutton Images
拡大

10日(土)、セント・ローレンス川に浮かぶ人工島のノートルダム島に特設されたジル・ビルヌーブ・サーキットで2017年FIA F1世界選手権第7戦カナダGP予選が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが通算65回目となるポールポジションを獲得した。

今年も各グランプリにはドライタイヤが3種類用意されており、モントリオールにはウルトラソフト、スーパーソフト、ソフトが持ち込まれている。週末を通してドライバー1人が使用する13セットのうち10セットのタイヤを自由に選んだ各チームだが、ピレリの指定に従って予選Q3用としてウルトラソフトを1セット確保しなければならない。

予選前に実施された土曜フリー走行ではフェラーリのセバスチャン・ベッテルが最速タイムを刻み、僚友キミ・ライコネンが2番手に続いた。メルセデス勢はフェラーリのペースになかなか追いつけず、ルイス・ハミルトンが3番手につけるもバルテリ・ボッタスは5番手にとどまっている。

美しい青空の下、気温22度、路面温度44度、湿度36%のドライコンディションでQ1がスタートすると同時に各車が続々とタイムアタックに乗り出した。多くがウルトラソフトタイヤを履いてコースに向かう中、フェラーリは2台ともスーパーソフトタイヤを装着。早々に好タイムを刻んでタイムシートの上位に名を刻んだ。

メルセデスはウルトラソフトでアタックし、ボッタスが1分12秒685を記録してトップに立つ。ハミルトンは0.007秒差で2番手につけた。ベッテルが3番手に食い込んだ一方、スーパーソフトに苦戦している様子のライコネンは9番手にとどまる。

上位勢はQ1終盤のアタックに参加せず、10番手以下のドライバーを中心にQ2進出をかけた激しいバトルが繰り広げられた。

ただ、ラストアタックに入ったザウバーのパスカル・ウェーレインがターン1でタイヤバリアに激突するアクシデントが発生し、セクター1には黄旗が振られ、Q1はそのまま終了。ウェーレインはタイヤがコース外に出てしまったようでバランスを崩してスピンを喫した後、バリアにぶつかったようだ。

Q1で16番手以下となったのはストフェル・バンドールン(マクラーレン)、母国グランプリに臨むランス・ストロール(ウィリアムズ)、ケビン・マグヌッセン(ハースF1)、ザウバーのマーカス・エリクソンとウェーレインだった。

15分間で争われるQ2はウィリアムズのフェリペ・マッサが先頭でコースインし、マクラーレンのフェルナンド・アロンソを除く14台が一気にコースへとなだれ込んだ。他チームよりも始動を遅らせたアロンソも加わって完了した最初のアタックランではハミルトンが1分12秒496を刻んでトップに立ち、0.084秒差でライコネンが2番手、ボッタスもハミルトンに0.088秒遅れのタイムを残したが、ポジションは3番手だ。ベッテルが少し離されて0.253秒のギャップだった。

ベッテルを除く14台が参加した最後のアタック中、トロ・ロッソのダニール・クビアトが右リアタイヤをウオールにぶつけてパンクチャーに見舞われる。好ペースを発揮していたものの、11番手でQ2敗退を喫した。その他、12番手タイムだったアロンソに加えてカルロス・サインツ(トロ・ロッソ)、ロマン・グロージャン(ハースF1)、ジョリオン・パーマー(ルノー)の予選順位が決している。

ポールポジションを争うQ3はここまでコマを進めた10台が早々にコースに出揃い、ウオームアップラップを挟んでタイムアタックを開始した。モントリオールのコースを得意とするハミルトンが一気にペースを上げて1分11秒台にのせ、ボッタスが0.386秒差で2番手、ライコネンが3番手に並んだ。ベッテルはヘアピンでのわずかなタイムロスが響いて4番手にとどまっている。

それでも、新しいタイヤに履き替えて台数の少ないコースに出たベッテルが1分11秒台に入れてハミルトンに迫るも、1,000分の4秒届かずに2番手。ライバルのハミルトンは全車がニュータイヤを履いた最終アタックでさらに最速タイムを塗り替え、ポールポジションを確実のものとする。

ベッテルは最後のニューセットを投じてハミルトン超えを狙ったが、最終的には0.330秒のリードを築かれて2番手に甘んじた。ボッタスが3番手に入り、ライコネンが4番手に並んでいる。

相性抜群のジル・ビルヌーブ・サーキットで通算65回目のポールポジション獲得を達成したハミルトンは自身のアイドルだったアイルトン・セナの記録に並んだ。予選後にはセナの家族からのプレゼントとして、セナが実際のレースで着用したというヘルメットがプレゼントされている。

5番手以下、マックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルド(共にレッドブル)、マッサ、セルジオ・ペレス、エステバン・オコン(共にフォース・インディア)、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが予選トップ10入りを果たした。

カナダGP決勝は日本時間12日(月)早朝3時にスタート時刻を迎える。

© ESPN Sports Media Ltd.