カナダGP

/ News

  • F1

ハミルトンがドライバーズ選手権首位に浮上

Kay Tanaka
2010年6月14日 « ハミルトン勝利でマクラーレン1-2! 可夢偉リタイア | チームの努力をたたえるハミルトン »

2連勝をマークしたルイス・ハミルトン(マクラーレン)が、ドライバーズ選手権の首位に躍り出た。

レッドブル勢の同士討ちによって勝利を得たトルコGPから2週間、モントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキットで行われたエキサイティングな接近戦を制したのは、またもハミルトンだった。

ポールポジションからスタートしてトップチェッカーを受けたハミルトンに続いたのはチームメイトのジェンソン・バトンで、3位にフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。一方、レース直前までチャンピオンシップリーダーだったマーク・ウェバー(レッドブル)は5位に終わり、チームメイトのセバスチャン・ベッテルは4位だった。

それでもハミルトンは、より一般的なサーキットにおいてはレッドブル・ルノーRB6が依然として最速だと認めている。

「そのギャップを縮めるために、僕らはできることすべてを行っているよ」

8戦を終えてハミルトンは109ポイントを稼ぎ、ドライバーズ選手権首位に浮上。3ポイント差でバトンが追い、そのさらに3ポイント後方にウェバーが続いている。コンストラクターズ選手権でも、マクラーレンがレッドブルに対してギャップを広げることとなった。

© ESPN Sports Media Ltd.