カナダGP

/ News

  • カナダGP

ハミルトンに罰金と戒告処分

Kay Tanaka
2010年6月13日 « クラッシュのマンセルは"無事" | 2010年第8戦ドライバーコメント予選 »
ギリギリの燃料搭載量で予選を戦ったハミルトン © Getty Images
拡大
関連リンク

カナダGP予選でのルイス・ハミルトン(マクラーレン)の行為を調査したレース審議委員会は、ハミルトンに罰金と戒告処分を科すことを決めた。

ハミルトンは予選Q3のアタックラップ後、ピットに戻るインラップで低速走行をした。レーススチュワードは、この行為がペナルティに相当するか調査していた。

ハミルトンは無線で担当レースエンジニアから、コースサイドにマシンを止めるよう指示を受けていた。これは、予選終了後の車検で燃料検査を行う際にガソリンを1リッター残しておかなければならないためだ。

ハミルトンには1万ドル(約92万円)の罰金と公式の戒告処分が下されたが、13日(日)のカナダGP決勝レースはポールポジションからスタートする。

© ESPN Sports Media Ltd.