カナダGP 2014

/ Commentary

フリー走行2

2014年F1世界選手権第7戦カナダGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後日本時間深夜3時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみくださいただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2014年F1世界選手権第7戦カナダGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。モントリオールの初回セッションはフェラーリのフェルナンド・アロンソが1分17秒238をマークしてトップに立ちましたが、2番手につけたルイス・ハミルトンとはわずか0.02秒差。同じくメルセデスを駆るニコ・ロズベルグが2人に0.1秒遅れの3番手タイムを残しました。

接戦ながらメルセデスに食らいつく陣営が現れそうな今週末。レッドブルはセバスチャン・ベッテルがトップに0.9秒差の4番手、モナコで初表彰台を記録したダニエル・リカルドは6番手につけています。

復調の兆しを見せつつあるマクラーレンはジェンソン・バトンとケビン・マグヌッセンがそれぞれ7番手と8番手に並びました。

トラブルに見舞われるドライバーもちらほら見られた初回セッションを終えて、また少し雲が多くなってきているモントリオール。一部では小雨も確認されています。

現在の気温は20度、路面温度28度、湿度66%のドライコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

ピットレーン上空は青空が見えています。ただ、すぐにコースインするマシンはありません。

最初にガレージを離れたのはマクラーレンのケビン・マグヌッセン。マルシャのマックス・チルトンが続きます。

トロ・ロッソのダニール・クビアト、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグ、ケータハムはマーカス・エリクソンを先にコースに送り出しています。

少し遅れて小林可夢偉も始動。先ほどのセッションはアレキサンダー・ロッシにマシンを貸し出していたため、可夢偉はこれが本日初走行です。

インストレーションラップを走ったマグヌッセンはそのままプログラムを開始した様子。ペースを上げながらセクター1を通過しています。

システムチェック後にピットに戻るドライバーはおらず、現在は9台がタイム計測に入っています。

マグヌッセンは1分25秒338を記録、クビアトとチルトンも最初のタイム計測を終えました。

おっとっと・・・! 可夢偉がターン2でスピンを喫してしまいました! コースを飛び出したもののダメージはなさそうです。後続車の通過を待ってコース復帰しました。

メルセデスのガレージからルイス・ハミルトンが出陣。

暫定トップに立っているのはウィリアムズのボッタスです。1分18秒249を刻みました。2番手のマッサは0.1秒差。

まだレッドブル勢、メルセデスのロズベルグ、フェラーリの2台とロータスのグロージャン、マルシャのビアンキはガレージにとどまったままです。

ウィリアムズのマッサは初回セッションでERS(エネルギー回生システム)にトラブルを抱えていましたが、無事に問題を解消できたようです。

ロズベルグがコースに入りました。っと・・・マルドナドがピットレーン出口で止まってしまった模様。

ロータスのメカニックが大急ぎで駆けつけ、マシンを押してピットに戻します。もう片方のガレージからはグロージャンが出発しました。

ハミルトンは最初のタイム計測で1分24秒台にとどまり、ロズベルグは1分22秒578をマーク。

ペースアップを図ったハミルトンは1分17秒台に入れて2番手に浮上しました。トップのボッタスとは0.03秒差です。

ロズベルグも1分17秒台にのせました。ハミルトンをわずかに上回って2番手。トップ5はボッタス、ロズベルグ、ハミルトン、マッサ、マグヌッセンのオーダーです。

さらに6番手と7番手につけるバトンとヒュルケンベルグを入れて、上位7台はいずれもメルセデスエンジンを積んだマシンが並んでいます。

太陽が顔を出したモントリオールの路面温度は30度を超えています。

フォース・インディアのセルジオ・ペレスが8番手にポジションを上げ、トップ8をメルセデス組が占めています。

タイムシート最上位にはメルセデスの2台が上がり、ロズベルグが1分16秒892を刻んでトップ、ハミルトンが1分17秒フラットで2番手です。

フェラーリのキミ・ライコネンが1分17秒961をマークして6番手に飛び込んでいます。その後、コントロールラインを通過したアロンソが3番手タイムとなる1分17秒153を記録しました。

初回セッション同様にアロンソの調子が良いようです。

ここまでに1分17秒の壁を破ったのはロズベルグのみ。2番手のハミルトンから7番手のライコネンまでが1分17秒台のベストタイムを残しています。

ケータハムの可夢偉は1分22秒048を刻み、19番手。

11周を走ったハミルトンが自己ベストを更新。1分16秒692のタイムはロズベルグを上回っています。メルセデスの1-2態勢に変わりはありませんが、ポジションはハミルトン、ロズベルグに入れ替わりました。

ピットに戻ったロズベルグはチームメイトと比較して足りない部分をチームに確認。メルセデスの2人は互いを意識しながらペースを見いだしているようです。

シフトに問題があるようだと訴えたリカルド。現時点でベストタイムは1分18秒437、ポジションは12番手です。

もう一台のレッドブルを駆るベッテルはライバルに比べて周回数が少なく、まだ4周しか走っていません。1分19秒035のタイムは16番手の位置で、現在はピットに戻っています。

ザウバーがスーパーソフトコンパウンドを投入。スーティルがオプションタイヤを履いてコースに入ります。

今週末、ピレリはモナコ同様にソフトとスーパーソフトのコンパウンドを持ち込んでいます。

わお! 最終シケインでマグヌッセンが速度を落としたところ、スーティルがやって来てしまい、あわや接触の危機に! 幸い、スーティルがコース外に避けてアクシデントは免れましたが、冷やっとする場面でした。

ガレージでセッションを見守るテストドライバーのギド・ヴァン・デル・ガルデも思わず手を上げて驚きを示しました。

セッションは残り60分。マルシャのチルトンも柔らかい方のタイヤに履き替えて走行しています。

スーティルが1分17秒964をマークして8番手にポジションアップ。

チルトンも自己ベストを更新、14番手に浮上しています。

最終シケインで発生したスーティルとマグヌッセンのインシデントがスチュワードの審議対象になっています。

フリー走行1回目のセッションではレッドブルのリカルドがピットレーンで危険走行をしたとして戒告処分を受けました。

おっと・・・! ケータハムのマシンがストップしているようです!

エリクソンです。ターン3のランオフエリアに逃げ込んでいます。

ケータハムマシンがコース外に出され、イエローフラッグが解除されました。エリクソンはここでマシンを降ります。

ケータハムによれば、エリクソンのマシンにはトラブルが起きており、マシンを止めざるを得なかったとのことです。

スーティルとマグヌッセンの一件に関して、スチュワードはお咎め無しの裁定を下しました。

さて、コース上ではスーパーソフトに切り替えるドライバーが増え、メルセデスの2台もオプションタイヤでのプログラムをスタートさせています。

先にタイヤを交換したロズベルグが1分16秒687をマーク。ハミルトンは最初のタイム計測を開始したところです。

ホームストレートにデブリが。どうやら可夢偉のケータハムマシンから落ちたパーツのようです。コース上、別のところにもデブリが確認されました。ターン6付近のデブリはボッタスのリアあたりから落ちたものと思われます。

可夢偉がマシンを操ってデブリを避けるシーンもありましたが、特にフラッグは振られておらず、セッションは通常通りに進んでいます。

メルセデスのハミルトンは1分16秒118を刻んでトップに返り咲き、さらにペースを上げていきます。ウィリアムズのボッタスも1分16秒台に乗せましたがメルセデスの2台には届かず。

マッサが1分16秒882を記録しました。ボッタスのタイムを0.01秒上回るも、メルセデス勢を超えるには至らず。

トップ4はメルセデスとウィリアムズが並び、5番手にアロンソがつけています。

セッションは残り45分を切りました。

スーパーソフトコンパウンドに履き替えたアロンソが3番手にポジションを上げました。メルセデスの2台とは0.5秒ほどのギャップ。

マルシャのビアンキはまだ3周の走行にとどまっており、先ほどからガレージでチームがフェラーリと共に調査を行っています。

マクラーレンのバトンによると、ヘアピンに大量のブレーキダストが散乱しているとのこと。

スーティルはソフトコンパウンドに戻した様子。

フェラーリのライコネンが好ペースで周回中。

ライコネンは1分16秒648を刻んで3番手にポジションアップです!

スーパーソフトを履いてガレージを離れた可夢偉ですが、ターン1でスピンを喫してしまいました。さらにターン10ではライコネンもスピン!

ほとんどのマシンがピットに引き上げる中、周回数を20に伸ばした可夢偉がオプションタイヤのタイム計測に励んでいます。

セクター1は自己ベストで通過し、セクター2も好ペースで来ています。

セクター3でもベストタイムを刻んだ可夢偉でしたが、ポジションは20番手のまま。19番手のクビアトとは1.5秒のギャップがあります。

マルシャのチルトンが1分18秒台に乗せていることを考えると、ケータハムはかなり厳しい状況にあるようです。

タイムシート上位を独占中のメルセデスは目下、ロングランを実施しています。1分20秒前後のペースを刻みながらレースを想定したプログラムに励むハミルトンとロズベルグ。

2人のペースはほとんど変わりませんが、若干ハミルトンの方が良いようです。

可夢偉がまたコースを飛び出しています。なかなか苦しそうな様子で、いったんピットに引き上げます。

マルシャのビアンキはまだガレージを離れられず、残り時間は25分強しかありません。

タイムシートのオーダーに目立った変化は見られなくなっています。オーダーはメルセデス、フェラーリ、ウィリアムズ、マクラーレンがトップ8にそれぞれ並び、トップは1分16秒118をマークしたハミルトンです。

カナダでもトラブルに見舞われる不運のあったライコネンですが、調子は悪くないようでアロンソよりも0.05秒速いタイムを刻み、3番手につけています。

メルセデスはオプション側でロングラン、フェラーリはライコネンだけをコースにとどめてソフトタイヤでのロングランに取り組んでいます。アロンソはピットに戻って次の走行を待っている状態。

アロンソがガレージを後にしました。履いているタイヤはスーパーソフト。

ようやくスーパーソフトを投入したレッドブルのベッテルが1分16秒573を刻んで3番手に急浮上! メルセデス勢にはかないませんでしたがフェラーリの2台を抑えています。

セッション終了まであと20分。

ロングランに取り組む陣営が多く、フェラーリはソフトに切り替えたライコネンが1分20秒台、スーパーソフトに交換したアロンソが1分21秒台のペースを維持。

ウィリアムズもタイヤを分けて作業しており、ソフトを履くマッサは1分21秒後半、スーパーソフトで周回を重ねるボッタスは1分22秒半ばのタイムをマークしています。

ビアンキ以外にも周回数が一桁のドライバーがいます。トロ・ロッソのクビアトはしばらくピットでの待機が続いており、9周の走行にとどまっています。

ビアンキとクビアトに加えてベッテルを除く19台がコース上。

マクラーレンのバトンはリアのグレイニングを訴え、ドライブが難しくなっていると報告していました。

ここでベッテルが再度コースに向かいます。タイヤはスーパーソフトからソフトに戻した様子。

クビアトはすでにレーシングスーツを脱ぎ、ピットウオールでチームメイトの作業を見守っているようです。

セットアップ作業に励むメルセデスはこのまま最後までロングランを続けていくとのこと。

速さはもちろんのこと、高い信頼性も示すメルセデスはハミルトンが37周、ロズベルグが34周を走破しています。

スーパーソフトタイヤでロングラン中の可夢偉のペースは1分24秒前半。すでに26周ほどを走ったタイヤセットとはいえ、直接のライバルであるマルシャのチルトンは0.6秒以上速いペースを刻んでいます。

可夢偉がターン3でコースオフ。今日は同じような場面が多く見られています。

おっと、ベルヌがターン3でエスケープゾーンに突っ込んでいます。タイヤをロックアップさせて直進した模様。接触等のアクシデントはなかったようです。

ここでセッション終了です。

最速タイムを刻んだのはハミルトンで1分16秒118をマークしました。ロズベルグが2番手、ベッテル、ライコネン、アロンソ、マッサ、ボッタス、マグヌッセン、バトン、ベルヌがトップ10に名を連ねています。

土曜フリー走行は7日(土)日本時間23時より開始されます。それではまた今夜お会いしましょう!