カナダGP 2014

/ Commentary

予選

2014年F1世界選手権第7戦カナダGP予選のセッションはこの後、日本時間深夜2時より開始予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2014年F1世界選手権第7戦カナダGP予選の模様をお届けいたします。予選前最後のフリー走行ではメルセデスのルイス・ハミルトンが1分15秒610のトップタイムを記録しましたが、オプションタイヤでタイムを伸ばせず、ソフトタイヤで刻んだ自己ベストが最速となりました。

2番手にはスーパーソフトタイヤでベストタイムを残したウィリアムズのフェリペ・マッサが入り、ハミルトンの相棒ニコ・ロズベルグは3番手。ロズベルグもハミルトン同様にプライム側のコンパウンドで計測したタイムがベストでした。

復調の兆しを見せるフェラーリはフェルナンド・アロンソが4番手、キミ・ライコネンは6番手につけています。

なお、土曜フリー走行中にクラッシュを喫したザウバーのエステバン・グティエレスはシャシーの交換を余儀なくされ、チームはグティエレスが「予選セッションに参加できない」と発表しました。レースへの出走はスチュワードの判断に委ねられます。

好天のジル・ビルヌーブ・サーキットは現在、気温が24度、路面温度44度、湿度49%のドライコンディション。間もなく予選Q1がスタートします。

Q1が始まりました。ウィリアムズのバルテリ・ボッタスとケータハムのマーカス・エリクソンがコースへ。

メルセデスのニコ・ロズベルグも始動しています。

チームメイトに少し遅れてルイス・ハミルトンもコースイン。さらに続々とマシンがガレージを後にします。

アウトラップを終えたドライバーから順にアタックを開始。

まずはボッタスが1分18秒270を刻んできました。

今のところスーパーソフトタイヤを投入しているのはマルシャとケータハムの4台とザウバーのエイドリアン・スーティルです。

ボッタスが1分17秒台に入れています。2番手にはマッサがつけ、ペレス、ヒュルケンベルグ、マルドナドと続くトップ5。

メルセデスの2台は最初のアタックでうまくスペースを見いだせなかったようです。

ロズベルグが来ました。1分16秒690! トップに立ちます。

タイミングをずらしたレッドブルの2台はこれからアタックラップを開始します。

セクター2とセクター3を全体のベストタイムで通過したハミルトンは1分16秒438を刻んでトップに浮上。ニヨよりも0.2秒速く走っています。

ロズベルグが自己ベストをマーク! が、ハミルトンには0.04秒届かず。

一方のハミルトンもさらにペースを上げて・・・1分15秒台! ロズベルグを0.7秒引き離すトップタイムをたたき出しました。

全車のタイムが出揃い、ノックアウトゾーンにいるのは17番手以下のビアンキ、マルドナド、クビアト、エリクソン、可夢偉です。グティエレスは予選に参加できません。

タイヤはバラけていますが、13番手のスーティルから18番手マルドナドまでは1分18秒2から1分18秒3と、0.1秒以内のタイム差しかなく、かなり接戦の状況です。

ケータハムの可夢偉は土曜フリー走行のトラブルが影響しているのか、ペースが上がらず、タイムは1分20秒094がベストです。同じケータハムを駆るエリクソンは1分19秒820の自己ベストを刻んでいます。

ソフトからスーパーソフトに履き替えた面々がコースに向かっています。

フォース・インディアのペレスがスピン! クラッシュは免れ、走行を続けています。

ペレスがスピンを喫したのはターン8。他のドライバーもそうですが、ターン8へのアプローチで左リアタイヤがコース外の芝生に出ることが多く、スピンにつながっています。

可夢偉が1分19秒278をマークして20番手に上がりました。それでも19番手のマルドナドとは0.9秒のギャップがあります・・・。

マクラーレンのマグヌッセンが2番手に、バトンが4番手に上がりました。

メルセデスとウィリアムズの4台はガレージでライバルたちのアタックを見守っています。

おっと・・・マルドナドがターン3のエスケープロードに・・・。現時点で17番手にいるマルドナドはこれで予選終了となります。

おっと! 今度は・・・赤旗・・・!

ケータハムの1台がクラッシュしています。ドライバーはエリクソン!

Q1は16秒を残して赤旗が振られ、セッションが中断しています。

エリクソンはターン9でマシンのコントロールを乱し、スピンしながらウオールへ。逆方向を向いて左側がウオールとぶつかりました。エリクソンにケガはないようで自力でマシンを降りています。

残り時間を見るに、このままQ1の結果が確定しそうです。

トップタイムの1分15秒750を刻んだのはハミルトン。2番手にマグヌッセン、ロズベルグ、バトン、マッサがトップ5に並んでいます。

Q1でノックアウトされるのはマルドナド、チルトン、ビアンキ、可夢偉、エリクソンとなる予定です。繰り返しになりますが、グティエレスは土曜フリー走行でクラッシュを喫した際にシャシーにダメージを負い、交換が必要になったため予選を欠席しています。

レースコントロールより、Q1のセッションは再開しないとの発表。Q2は日本時間2時25分からスタートすることになりました。

予選Q1で姿を消したのは17番手から21番手だったマルドナド、チルトン、ビアンキ、可夢偉、エリクソンでした。

Q2がスタートしました。早速スーティルがコースイン。タイヤはスーパーソフトをチョイスしています。

さらにウィリアムズ勢とフォース・インディアの2台、トロ・ロッソのクビアトも始動しました。

トロ・ロッソのベルヌとロータスのグロージャンが加わります。

今のところコースに出たドライバーは全員オプションタイヤを選んでいます。

ウィリアムズ勢が1分15秒台に乗せました。ヒュルケンベルグは1分16秒623。メルセデスの2台もスーパーソフトコンパウンドを履いてガレージを出発!

土曜フリー走行ではオプションタイヤでタイムを更新できなかったメルセデス。路面温度は42度に上がっていますが、うまくタイヤを使ってタイムを伸ばしていけるでしょうか。

フェラーリのアロンソとライコネンが好ペース! ただウィリアムズの2台には届かず、アロンソが1分16秒131、ライコネンが1分16秒313を記録してそれぞれ3番手と4番手につけました。

注目のメルセデスはロズベルグが1分39秒台にとどまり仕切り直し。ハミルトンもこのラップはペースをゆるめて走っています。

メルセデス勢がようやくリズムをつかんだようです。ロズベルグが1分15秒832、ハミルトンが1分15秒882を記録しました。2人のギャップは0.05秒! とはいえ、2番手と3番手のタイムで、暫定トップは1分15秒773をマークしているマッサです。

トップ4が1分15秒台に入れている状況。いずれもメルセデスエンジンを積むマシンです。

Q3進出をかけた最後の走行を前に、ほとんどのマシンがピットに戻っています。

現時点でノックアウトゾーンにいるのはベルヌ、ベッテル、グロージャン、クビアト、ペレス、スーティル。

フレッシュタイヤに履き替えたドライバーたちがコースに出てき始めました。

ウィリアムズの2台も新しいスーパーソフトタイヤを履いてコースイン。

アロンソは出てきません。

アロンソはここまでに1分16秒131を記録、ポジションは5番手です。

ボッタスが2番手に浮上! メルセデスをウィリアムズが上回っています!

Q2はここでタイムアップ!

ベッテルは5番手にポジションを上げました。リカルドがそれを上回ってレッドブルは5番手と6番手に。

お、メルセデスが1分15秒台前半までスピードを上げています! ハミルトンが1分15秒フラットを刻み、ロズベルグが1分15秒289。1-2でQ2を締めくくりました。

全車がアタックを完了し、Q2で姿を消すことになったのは11番手以下のヒュルケンベルグ、マグヌッセン、ペレス、グロージャン、クビアト、スーティルでした。

Q3にコマを進めたのはトップから順にハミルトン、ロズベルグ、マッサ、ボッタス、リカルド、ベッテル、アロンソ、バトン、ライコネン、ベルヌです。

Q3のスタートまでしばしの休息です。

ポールポジションが決するQ3のスタートです。

まだガレージからは一台も出てきていません。

静寂を破ったのはウィリアムズ。ボッタスを先にコースへと送り出しました。装着しているのはスーパーソフトタイヤです。

メルセデスの2台とフェラーリのアロンソが合流。

ライコネン以外の9台がコース上です。

ボッタスは1分15秒550を刻んできました。Q2の自己ベストタイムを更新しています。

ロズベルグとハミルトンもアタックを開始。続いてアロンソがコントロールラインを通過していきました。

ロズベルグは1分14秒台! ハミルトンは1分15秒フラットで2番手です。

アロンソは1分16秒台にとどまり4番手。

現時点でロズベルグがハミルトンを0.07秒上回っています!

マッサは1分15秒621。上位4台がメルセデス組に変わりました。

まだガレージにとどまっているライコネンを除く9台のタイムが出揃い、トップはロズベルグ、ハミルトン、ボッタス、マッサ、リカルド、ベッテル、アロンソ、ベルヌ、バトンが9番手です。

9台がピットに引き上げたタイミングでライコネンがコースイン。独占状態で好タイムを刻もうという戦法のようです。

アロンソ、ベッテル、リカルドがコースへ。ロズベルグもガレージを離れました。

10台すべてがコースに出ています。

ライコネンは1分16秒214をマークして8番手に。アロンソと0.1秒差。アウトラップ中のライバルたちの存在が好タイムを阻んだようです。

チェッカーが振られて予選終了です!

ロズベルグが1分14秒874をたたき出す! ハミルトンは・・・1分14秒953! ロズベルグに届きません!

3番手に食い込んだのは・・・レッドブルのベッテルです! ウィリアムズ勢を超えてきました!

全車がアタックを終えて、ポールポジションを獲得したのはロズベルグ。ハミルトンが2番手、ベッテルが3番手でした。

4番手以下、予選トップ10に入ったのはボッタス、マッサ、リカルド、アロンソ、ベルヌ、バトン、ライコネン。

カナダGP決勝レースは日本時間、日付変わって9日(月)深夜3時スタート予定です。モントリオールの熱戦に期待して、また明日お会いしましょう!