カナダGP

/ サーキット

/ ジル・ビルヌーブ・サーキット

ジル・ビルヌーブ・サーキット RSS


カナダ・モントリオール

  • サーキットタイプ Street
  • コース全長 4.361kms
  • コーナー数 13
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 100,000
  • 設立年 1978
ジル・ビルヌーブ・サーキット
データ
レース 開催日 優勝
初開催 カナダGP 1978年10月8日 ジル・ビルヌーブ (CAN) レース結果
ラストレース カナダGP 2016年6月12日 ルイス・ハミルトン (GBR) レース結果
グランプリ開催数 37

このページのトップへ上へ

サーキット情報

以前はサーキット・イル・ノートルダムと呼ばれていた。セント・ローレンス川の中洲にある人工島に1967年に建設。初開催となった1978年のレースで勝利したカナダ人ドライバー、ジル・ビルヌーブが1982年に事故死すると、彼をたたえてジル・ビルヌーブ・サーキットと改名された。

トリッキーなヘアピンに超ロングストレートが配置されるコースには"チャンピオンの壁"がある。最長かつ高速のストレート終わりにあるシケインは1999年のレースでミハエル・シューマッハ、ジャック・ビルヌーブ、デイモン・ヒルのチャンピオン経験者3名が相次いで餌食になったことで有名。

オープニングラップはとりわけ事故が起こりやすい。グリッドを離れてタイトなセナヘアピンへと突入することから、セーフティカーの出動率が高いレースでもあるため、どのチームも1度か2度のセーフティカー導入があることを念頭に戦略を立てる。

F1最高権威のバーニー・エクレストンと契約合意に至らず、2009年はカナダGPがF1カレンダーから外された。政府が契約更新時に求められた主催料の増額を拒否したのだ。しかしながら、さらなる交渉が行われた結果、人気の高いカナダGPが2010年から再びカレンダーに戻ってくることが決定。2014年のグランプリ週末に、2024年まで同地でレースを開催する10年契約が結ばれたことが発表された。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2016年6月12日

マシンを降りて勝利を喜ぶハミルトン

2016年6月12日

ハミルトンと接触後にコースを飛び出したロズベルグ

2016年6月12日

レース後、チームの元へ駆け寄るハミルトン

2016年6月12日

互いの健闘を称え、ハグを交わすハミルトンとベッテル

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ