ブラジルGP

/ News

  • ブラジルGP - 金曜フリー走行2回目

ハミルトンがトップ、ベッテル2番手

Kay Tanaka
2011年11月26日 « 最終戦が開幕! まずはウェバーがトップ | 2011年第19戦ドライバーコメント初日 »
トロ・ロッソと近い位置で初日を終えた可夢偉 © Sutton Images
拡大
関連リンク

26日(土)日本時間1時から2011年F1世界選手権第19戦ブラジルGPの金曜フリー走行2回目が、サンパウロのインテルラゴス・サーキットで行われた。

午前中に行われたフリー走行1回目ではマーク・ウェバー(レッドブル)が1分13秒811を刻んでタイムシートのトップに。2番手にジェンソン・バトン、3番手にルイス・ハミルトンとマクラーレン勢が続き、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が4番手だった。小林可夢偉(ザウバー)は15番手となっている。

フリー走行1回目には5名のリザーブドライバーが出走したため、セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)、ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)、ビタントニオ・リウッツィ(HRT)はフリー走行2回目からマシンに乗り込むことになった。

セッション開始時刻の現地時間14時は気温27℃、路面温度46℃というドライコンディション。午前中に90分間のセッションが行われたこともあり、各車は序盤から積極的にコースイン。スタートから15分が経過した時点ではハミルトンがトップ、バトンが2番手という状況だ。

セッション前半はハミルトンがタイムシートの首位につけていたが、後半に入ったところでミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)が1分13秒723を刻んでトップ浮上。しかし、すぐに再びハミルトンが1分13秒653を刻んでトップを奪い返した。

その後はロングランを実施するドライバーが多くタイムシートはあまり動かず。ソフトコンパウンド(オプション)を装着してのタイムアタックが行われてもハミルトンが1分13秒392というトップタイムを刻み、1分13秒559のセバスチャン・ベッテル(レッドブル)を抑え込んでセッション終了となった。可夢偉は14番手でセッションを終え、コンストラクターズ選手権7位争いをしているトロ・ロッソを僅差で押さえている。しかしチームメイトのセルジオ・ペレスにはギアボックストラブルが発生した。

土曜フリー走行は日本時間26日の22時から60分間のセッションとして開催される予定。公式予選は日本時間27日の1時開始予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.