ブラジルGP

/ News

  • ブラジルGP

ブラジルGP決勝後の記者会見パート1

Me
2010年11月8日 « 2010年第18戦ドライバーコメント決勝 | ブラジルGP決勝後の記者会見パート2 »
1-2フィニッシュでコンストラクターズタイトル獲得を祝ったレッドブル © Getty Images
拡大

ブラジルGP決勝レースで表彰台に上ったセバスチャン・ベッテル、マーク・ウェバー(共にレッドブル)、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)の3人がFIA主催の公式記者会見に参加し、レースを振り返った。

Q: セバスチャン、これでコンストラクターズタイトルを手に入れ、アブダビではドライバーの方を手に入れるチャンスもできましたね。

セバスチャン・ベッテル: うん、素晴らしい1日だ。イージーなレースじゃなかったよ。僕らは汚れた側だったけど、いいスタートだったと思う。ニコ(ヒュルケンベルグ)は少しホイールスピンを起こしてして、僕は勢いのままインサイドにクルマをねじ込んだ。彼が残してくれたスペースは決して広くはなかったけど、十分だった。後は逃げ去って、ギャップをコントロールするだけさ。クルマはファンタスティックだった。全体を通して計画通りにギャップを保てたから、レースをコントロールできたんだ。セーフティカーが入った時はタイヤをきちんと残すよう、必要以上に引き離さないのが正しい判断だった。それから数周は集中してギャップを築き、クルマを持ち帰るだけだった。なかなかすごいレースだったよ。ほんと、何て言っていいか分からないんだ。チームの驚くべき努力さ。韓国のようなレースもあって、楽なシーズンじゃなかった。前戦の出来事を忘れるのは正しかったと思う。チームは気持ちを1つに集中させて、僕らをこの1-2へと導いてくれた。そして1戦を残してコンストラクターズチャンピオンシップに勝ったんだ。素晴らしかった。ドライバーの方の戦いはまだ続く。この人(アロンソ)を何とかしなきゃならないけど、信じられない成果だよ。チームのみんな、ミルトンキーンズのファクトリーのみんな、オーストリアの人たちのこともみんな誇りに思う。彼らはこのプログラム、このターゲットを、僕がF1に入る前から掲げていたんだ。その一員になれてうれしいよ。とても誇らしい。チームにも、自分にも誇りを感じる。ファンタスティックな1日さ。

Q: マーク、あなたはハードにセバスチャンをプッシュしていましたが、結果的にはスタートがレースの決め手になったように思います。

マーク・ウェバー: ああ、その通りさ。知ってると思うけど、ほとんどのレースは土曜日や1周目でだいたい決まり。後は前のクルマに付いていくしかない・・・昔は戦略でプレイする余地が多少あった。燃料の搭載量を変えて、スティントを長くしたり短くしたりできた。そういう融通が利いたけど、今は違う。セブ(ベッテル)はフェアプレーだったよ。いいレースをして勝った。僕はレースの後半、大部分でちょっとした問題を抱えていたんだ。エンジンが猛烈に熱くなってしまって、かなりパワーを落とさなければならなかった。後はフェルナンドに気を付けるだけだったよ。セーフティカーでみんないったんチャンスを取り戻したけど、かなり単純なグランプリだったね。スタッフのことを思うと、とてもハイな気分さ。ミルトンキーンズの連中とは付き合いが長いし、長い時間をかけてコンストラクターズタイトルを取れたのは、彼らの驚くべき努力、またプログラムを開始した人たちのおかげ。フェラーリやマクラーレンを相手に、一からすべてを作り上げたディートリッヒ・マテシッツとすべての人々の功績だ。僕らは最終的に彼らを真っ向勝負で倒したんだ。言いたいヤツらには言わせておけばいいけど、僕らはコンストラクターズタイトルを取ったんだ。チームによる最高の偉業だよ。

Q: フェルナンド、あなたはスタートでルイス・ハミルトンとニコ・ヒュルケンベルグをパスしましたが、その過程でレッドブル勢にすっかり後れを取ってしまいましたね。

フェルナンド・アロンソ: そうだね、最初の数ラップでハミルトンとヒュルケンベルグを抜くのに時間をかけすぎた。そこでレッドブルに対し失った10秒、12秒は取り戻せなかった。レースペースはほぼ対等だったんだ。コンマ1、2、速いラップもあれば、コンマ1、2遅いラップもあった。そんな中で12秒も失ってしまってはお手上げさ。セーフティカーが出た時に少しチャンスが生まれたけど、マークと僕らの間に7台もクルマがいて、その7台をパスするのにまた6秒か7秒費やしてしまった。致命的だよ。でも、レースは良かったと思うよ。ハミルトンとヒュルケンベルグを抜いて表彰台だ。簡単なことじゃないのは分かっていたけど、ポイント的にはとっても満足。レッドブルにはおめでとうだね。F1に来て6年か7年でコンストラクターズ選手権に勝つなんて、素晴らしい業績だよ。もう1つのチャンピオンシップについては、アブダビでのお楽しみさ。セバスチャンの勝利でかなりオープンな状態になった。彼も強力なコンテンダーだから、僕らはアブダビでできる限りのことをするよ。とてもエキサイティングなチャンピオンシップの結末が待っている。

Q: セバスチャン、あなたはアブダビでフェルナンドを16ポイント上回らなければなりません。可能ですか?

ベッテル: そう思うよ。26なら不可能だけど、16なら可能さ。彼に悪いことは起こってほしくないけど、フェラーリが煙を上げるところは見たいかな。冗談はとにかく、僕らはみんなレースをしていて、自分自身の限界に挑戦している。僕はここと同じように自分のことに集中し、今日と同じように最善を引き出す。勝利をリピートできるのがベストだね。後は彼がどこでフィニッシュするか、あるいはしないかだ。1週間後には分かる・・・(続きは携帯サイトで!)

携帯サイト『F1-Live.com MOBILES』ではブラジルGPで開かれるすべての記者会見の全文を配信! F1最新ニュースをイチ早く、さらに盛りだくさんの内容でお送りするF1-Live.com MOBILES(月額315円)で、ぜひF1シーズンをご堪能ください。

携帯サイトURL⇒http://k.F1-Live.com/m

i-mode: メニューリストスポーツモータースポーツ
EZweb: カテゴリ(メニューリスト)趣味・娯楽/スポーツ・レジャー車・バイク
Y! ケータイ: メニューリストスポーツF1・モータースポーツ

公式twitter URL: @ F1_Live_com

QR Code

© ESPN Sports Media Ltd.