ブラジルGP

/ News

  • ブラジルGP

ブラジルGP予選後の記者会見パート2

Jim
2010年11月7日 « ブラジルGP予選後の記者会見パート1 | バトン、武装集団に狙われるも無事帰還 »
フロントローに並ぶ新世代のジャーマンスター © Getty Images
拡大

ブラジルGP予選でルーキーイヤーにして初めてのポールポジションを獲得したウィリアムズのニコ・ヒュルケンベルグと共に、2番手と3番手のタイムを刻んだレッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーが記者会見に臨んだ。

Q: マーク(ウェバー)、木曜日にあなたが発したコメントをきっかけに、この48時間はさまざまなうわさが流れていますが、この数日が過ぎ、明日のレースに挑むにあたって、頭の中がすっきりした状態で目の前の仕事に完全に集中する、と、心に誓って宣言できますか?

マーク・ウェバー: 当然だよ。マシンに乗れば間違いなく完ぺきにクリアな状態だ。この5、6レースで僕のパフォーマンスを見てきたでしょ。もちろん、韓国はうまくいかなかったけど、今年は誰ひとりとして完ぺきなシーズンを過ごした人はいないから、それ以外は自分の走りには本当に満足しているし、満足していなきゃ、あんな風に走れないよ。フロアの皆もそう、ここにいる全員が強い思いを持ち、戦う準備を整えて明日はいいレースにしたいと思っている。それが僕たちの目標だ。

Q: ニコ(ヒュルケンベルグ)、初めてのポールということで来シーズンのシート確保の可能性が高まっているのではありませんか?

ニコ・ヒュルケンベルグ: うん、マークがさっき昇給になるぞって。うそ、冗談。ウィリアムズの状況は今でもかなりオープンだと思う。何も発表されていないし。だけど、僕はとにかく毎週末、いい仕事をすることに集中し続ける。今のところはとてもうまくやれている。それを続けること、それからバカなミスを犯さないこと、それが僕にできるすべてだから、僕をキープしたいかどうか、あとはチームが決めることだ。いい感じのムードだとは思っているし、いい結末を迎えられるはずだよ。

Q: 皆さんに質問です。今日のように少しウエットな状態でレースをしたいですか、それともドライレースを望まれますか?

ヒュルケンベルグ: どっちでもいいけど。ウエット・・・フルウエットのコンディションがいいかな。その方が僕たちにとっていいことがあるかもしれないし。でも、どっちだったとしても戦うのみさ。

セバスチャン・ベッテル: 僕たちに決められることじゃないし、まったく気にしていない。ドライでもウエットでもコンペティティブなマシンだと思うしね。だから、うまくやれるはず。

ウェバー: ドライ。

Q: ニコ、今年これまでのところ、ウィリアムズはスタートダッシュのうまいマシンではありませんでしたが、第1コーナーに向けてリードを保つ自信はありますか? お隣のお二方をはじめ、他の皆さんが迫ってくれば少し防御しなければならないとお考えですか?

ヒュルケンベルグ: 正直、今週(今年?)のスタートはとてもポジティブだと思うけど。すべてのスタートがね。いろんな理由があって、僕たちは異なるギアレシオを選択する。それによっていいスタートが可能になるんだ。ラップ中のパフォーマンスは少し低くなってしまうかもしれないけど・・・(続きは携帯サイトで!)

携帯サイト『F1-Live.com MOBILES』ではブラジルGPで開かれるすべての記者会見の全文を配信! F1最新ニュースをイチ早く、さらに盛りだくさんの内容でお送りするF1-Live.com MOBILES(月額315円)で、ぜひF1シーズンをご堪能ください。

携帯サイトURL⇒http://k.F1-Live.com/m

i-mode: メニューリストスポーツモータースポーツ
EZweb: カテゴリ(メニューリスト)趣味・娯楽/スポーツ・レジャー車・バイク
Y! ケータイ: メニューリストスポーツF1・モータースポーツ

公式twitter URL: @ F1_Live_com

QR Code

© ESPN Sports Media Ltd.