ブラジルGP

/ News

  • ブラジルGP

ブラジルGP、2020年にリオデジャネイロへ移転の予定

Me
2019年5月9日 « スペインGPアップグレードに賭けるチームたち | ミック、「なりたいと思うドライバーは父だけ」 »
© NELSON ALMEIDA / AFP
拡大

ブラジルGPは2020年から舞台をサンパウロからリオデジャネイロに移す計画であることをジャイール・ボルソナーロ大統領が明らかにした。

現在の会場となっているインテルラゴスは先行きが不透明な状態であり、2020年までレースを続ける契約は存在するものの、地元政府資金援助に頼っていたことから、"これ以上の継続は不可能"な状態だったと大統領は述べた。

記者会見でボルソナーロ大統領はリオデジャネイロのデオドロ地区に新しいサーキットを建設すると発表し、そのサーキットがブラジル出身の3度のワールドチャンピオン、アイルトン・セナの名を冠することも明らかにした。

「われわれが選挙で勝利して以降、F1はブラジルに残ることを決めたばかりでなく、新しいレースサーキットをRJ(リオデジャネイロ)に建設することにした。そこには英雄アイルトン・セナの名が付けられる」と大統領はツイート。「これにより何千もの職が創出され、州の経済と人口に利益をもたらすことになる」

サーキットの建設にはだいたい6から7カ月かかるとのことで、7,000ほどの新たな雇用が生み出されるという。

リオは1978年と、1981年から1989年にかけてにジャカレパグア・サーキットでブラジルGPを開催していたことがある。しかし、サーキットは2016年のリオデジャネイロオリンピックのために際に取り壊された。

初めてのブラジルGPはインテルラゴスで1973年に開催され、(ジャカレパグアでの1978年を除き)1980年まで続いた。1990年にレイアウトが短縮されて復活して以降はずっと開催を継続している。

ブラジルはF1最大のテレビ視聴者数を有する国であり、スポーツの豊かな歴史を誇る。これまでに3人のワールドチャンピオン――セナ、ネルソン・ピケ、エマーソン・フィッティパルディ――が誕生し、彼らの手で8度のタイトルを獲得した。

© ESPN Sports Media Ltd.