ブラジルGP

/ News

  • ブラジルGP - パワーユニット

ガスリーが2度のMGU-H交換

Jim
2017年11月15日 « F1の方向性に懐疑的なハミルトン | ピットスタートのハミルトンはPUとギアボックスを交換 »
© ESPNF1
拡大

メキシコGPでルノーエンジンにトラブルが相次いだことを受け、ルノー組の3台がMGU-Hを新品と交換してブラジルGPに臨んだ。

グランプリに先だってレッドブルのダニエル・リカルド、トロ・ロッソのブレンドン・ハートリーとピエール・ガスリーがそれぞれ8基目のMGU-Hを投入。リカルドはエネルギー貯蔵(バッテリー)とコントロールエレクトロニクスも新品と交換しているが、いずれも4基目と規定内のためペナルティの対象にはなっていない。

しかし、ガスリーはフリー走行でエンジントラブルを抱えてしまい、ターボチャージャー(7基目)に加えてブラジルGP週末で2度目となるMGU-H交換を強いられた。ガスリー車に載せられたMGU-Hはこれが今季9基目を数える。

予選Q1でクラッシュを喫したメルセデスのルイス・ハミルトンはマシン修復が必要となり、パルクフェルメ状態からマシンを脱する必要があったため、エンジンペナルティの影響がないことから、この機会に5基目の内燃機関、ターボチャージャー、MGU-Hを搭載した。

メキシコGP:エンジントラブルが相次いだトロ・ロッソ
US GP:バンドールン、TCとMGU-Hがついに11基目
日本GP:アロンソがPUフル交換でTCとMGU-Hが10基目
マレーシアGP:エンジントラブルに泣いたフェラーリ
シンガポールGP:ペナルティゼロ、サインツのエンジンが4基目到達
イタリアGP:バンドールン、TCとMGU-Hが9基目に到達
ベルギーGP:バンドールン、TCとMGU-Hが9基目に到達
ハンガリーGP:全チームの内燃機関が3基目以上に
イギリスGP:メルセデスが3基目のPUを投入
オーストリアGP:9台が内燃機関を交換
アゼルバイジャンGP:マクラーレンが7基目コンポーネントを投入
カナダGP:メルセデスカスタマー勢が新PUを投入
モナコGP:アロンソ車の2エレメントが5基目に
スペインGP:マクラーレンに再びペナルティ
ロシアGP:マクラーレン、早くも2種のエレメントが5基目に
バーレーンGP:多発するトラブルに苦しんだマクラーレン・ホンダ
中国GP:6台がコンポーネント交換
オーストラリアGP:ライコネンがCEとESを2基目に

© ESPN Sports Media Ltd.