ブラジルGP

/ News

  • ブラジルGP - 決勝

ベッテルが逆転優勝! ハミルトンは最後尾から4位入賞

Jim
2017年11月13日
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

快晴に恵まれたインテルラゴス・サーキットで現地時間12日(日)、2017年FIA F1世界選手権第19戦ブラジルGP決勝レースが開催され、スタートで先頭に躍り出たフェラーリのセバスチャン・ベッテルが逆転優勝を果たした。

激戦が予想された予選はQ1で今季王者のルイス・ハミルトン(メルセデス)がクラッシュして離脱し、ポール候補が一人減った状態で迎えたQ3はもう1台のメルセデスを駆るバルテリ・ボッタスとベッテルが好タイムを出し合い、最終的にボッタスがポールポジションを獲得している。

また、エンジンペナルティを受けたレッドブルのダニエル・リカルドは予選5番手ながら14番グリッドに後退し、他にトロ・ロッソのブレンドン・ハートリーとピエール・ガスリーがエンジン交換でグリッドダウン、ウィリアムズのランス・ストロールとザウバーのマーカス・エリクソンがギアボックス交換で5グリッド降格処分を受けた。

予選Q1でタイムを残せなかったハミルトンはレースへの出走が認められたものの、マシン修復のためパルクフェルメ状態からマシンを出しており、ピットレーンスタートに。メルセデスはペナルティの影響を受けないこの機を生かして新しいエンジンを投入している。

全長4.309kmを誇るアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ、通称インテルラゴス・サーキットの一戦は71周で争われ、スタート時のコンディションは気温27度、路面温度60度、湿度22%。フェラーリのキミ・ライコネンは開始直前までエンジン周りでクルーが作業しており、スタートに一抹の不安があったが、フォーメーションラップは無事に走り終えている。

シグナル消灯と同時にポールからボッタスが好発進を決めるが、フロントローのベッテルの加速が良く、ターン1までに先頭を奪取。ターン2を過ぎたあたりで混雑する中団グループに接触が相次ぎ、ハースF1のケビン・マグヌッセンが左側のストフェル・バンドールン(マクラーレン)にぶつかった勢いでさらに左側にいたリカルドに接触。サンドイッチ状態になったバンドールンはダメージがひどく、少し走った先でマシンを止め、マグヌッセンもリタイアを喫した。

多くのデブリが散らばったことを受けてセーフティカーが導入されたが、そのさなか、ターン6でフォース・インディアのエステバン・オコンにハースF1のロマン・グロージャンが突っかかってしまい、コース外に押し出される格好となったオコンはウオールにぶつかる。スピンを喫したグロージャンは走行を続けたものの、ダメージが激しかったオコンは少し走った先で結局マシンを止めている。

リカルドはピットレーンにたどり着き、タイヤ交換とダメージのチェック、マシンの微調整を終えて隊列に復帰。コース上のデブリ清掃をスムーズに行うため、セーフティカーはピットレーンを通過しており、レースを続ける全車がそれにならった。

マグヌッセン、バンドールン、リカルドの一件はレース後に審議されることになり、オコンとグロージャンの一件はグロージャンが接触を引き起こしたとして10秒のタイムペナルティを科せられている。

5周目終わりにセーフティカーが解除されると、ベッテルがリードを保ち、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペン、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが5番手につけていたが、ウィリアムズのフェリペ・マッサにオーバーテイクを許して6番手に後退している。

この後、ピットレーンスタートだったハミルトンとオープニングラップのインシデントで最後尾に後退したリカルドがオーバーテイクを連発してファンを沸かす。ハミルトンは1周ごとに1台を追い抜いていくほどの好パフォーマンスで、21周目には5番手まで巻き返した。リカルドも19周目にルノーのニコ・ヒュルケンベルグをオーバーテイクして9番手に上がっている。

ハミルトンが5番手に浮上した時点で前のフェルスタッペンとは10秒近い差が開いていたが、ペースアップを続けて徐々にギャップを縮めていった。

ベッテルが28周目に入ったタイミングでメルセデスがボッタスのタイヤ交換を完了。新品のソフトタイヤを履かせてコースに送り出した。マッサもピットストップを終えている。

ボッタスの動きを見て先頭のベッテルやフェルスタッペン、次の周回にはライコネンもタイヤを交換。これでラップリーダーに躍り出たハミルトンは43周を走り切るまで第1スティントを引っ張り、44周目にスーパーソフトタイヤに履き替えている。リカルドも同じタイミングでスーパーソフトを投入した。

フレッシュタイヤで第2スティントをスタートしたハミルトンとリカルドは好ペースで前方とのギャップを縮めていき、リカルドは攻防戦を続けていたマッサとアロンソを料理して6番手に浮上する。ハミルトンはピットストップを終えた時点で11秒あったフェルスタッペンとの差を15周かけてゼロにし、4番手に上がった。

タイヤの摩耗が激しかったフェルスタッペンはレース終盤の63周目に2回目のピットストップを敢行し、スーパーソフトの別セットに履き替えている。後方にいたチームメイトのリカルドとは十分なギャップがあったため、ポジションには影響していない。

ハミルトンはチェッカーを受けるその瞬間まで表彰台を狙ってライコネンを追い詰めたが、好ディフェンスを見せたライコネンがポジションを守りきってフィニッシュ。ファイナルラップにはマッサとアロンソ、ペレスの激しい攻防戦も繰り広げられたものの、最後の母国グランプリに挑んだマッサが元チームメイトを抑えてチェッカーフラッグを受けている。

優勝はベッテル、ボッタスが2位に入り、ライコネンが3位で表彰台に上った。

4位以下、入賞はハミルトン、フェルスタッペン、リカルド、マッサ、アロンソ、ペレス、ヒュルケンベルグだ。

この後、F1サーカスは2週間後にアブダビで再集結し、ヤス・マリーナ・サーキットを舞台に開催される今季最終戦に挑む。シーズン第20戦アブダビGPは24日(金)に開幕し、初回セッションとなる金曜フリー走行1回目は日本時間18時から行われる予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.