ブラジルGP

/ News

  • ブラジルGP - 土曜フリー走行

ロズベルグ最速、メルセデス勢に地元マッサが続く

M.S.
2014年11月8日
すべてのフリー走行を制したロズベルグ © Sutton Images
拡大
関連リンク

モナコに次いで短いレイアウトになっているインテルラゴス・サーキットにて、8日(土)日本時間22時から2014年FIA F1世界選手権第18戦ブラジルGP土曜フリー走行が実施された。

今季のチャンピオン候補に残ったのはメルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの2人。初日の2回のフリー走行ではロズベルグに軍配が上がり、両セッションを制したロズベルグは路面温度が50度を超えた現地午後のセッションで1分12秒123の最速タイムを刻んだ。

インテルラゴスに持ち込まれたのはミディアムコンパウンド(プライム)とソフトコンパウンド(オプション)の2種類のドライタイヤ。セッション開始時の天候は曇り、気温23度、路面温度33度のドライコンディションだった。

セッションスタートと同時にロータスのパストール・マルドナドとロマン・グロージャンがピットレーンを離れ、他のドライバーもそれぞれ走行を開始する。今季のコンストラクターズ選手権を制したメルセデスも早めに動き、ロズベルグ、ハミルトンの順でコースに入った。

ハミルトンはタイヤをうまく使うのに苦戦している様子で、ターン1で大きくスピン。クラッシュにはつながらなかったものの、タイヤのコンディションを悪化させたハミルトンはピットへと引き上げていった。その直後にはトロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌも同じ箇所でコースオフしている。

初日より全体的にタイムが上がり、開始から20分ほどで1分11秒台にのせた地元ブラジル出身のフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)とキミ・ライコネン(フェラーリ)がタイムシートの上位にいる状態になる。この時点でライコネンの僚友フェルナンド・アロンソとレッドブルのダニエル・リカルドはノータイムだった。

60分のセッションの前半が終了するまでにリカルドとアロンソもタイムを計測し、それぞれ5番手と6番手に。多くのドライバーが作業に一区切りつけ、ガレージで次の走行に備えていた。

ソフトに履き替えたドライバーたちが1台、また1台と走行を再開する中、ミディアムでのドライブを続行したリカルドは3番手に浮上した。一方、通常はタイムシートの最上部が指定席になっているメルセデス勢は、ロズベルグが16番手、ハミルトンが18番手に沈んでいる。

再びミディアムタイヤでコースに入ったロズベルグが9番手にポジションを上げる間にも、ハミルトンのマシンはガレージでバランス調整作業が行われていた。20分の走行時間を残して、マッサを先頭にバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、ライコネン、リカルド、ジェンソン・バトン(マクラーレン)がトップ5に並んでいる。

ライバルたちの作業が落ち着いたタイミングでソフトタイヤを装着したアロンソがマッサのタイムを塗り替え、全体のトップに立った。しかし、これを上回ったのがロズベルグで、そのタイムは1分11秒台の壁を突破。さらに最後尾からハミルトンが自己ベストを一新し、チームメイト同士でセッション最速タイムを争う。

結局、これまでの2セッションを制したロズベルグが今回も1分10秒446の最速タイムを残した。他に1分10秒台をマークしたのは2番手ハミルトンと3番手マッサのみ。ボッタスとリカルドがトップ5に入っている。

ブラジルGP予選はこのあと深夜25時スタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.