ブラジルGP 2013

/ Commentary

フリー走行3

2013年F1世界選手権第19戦ブラジルGP土曜フリー走行のセッションはこの後日本時間22時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2013年F1世界選手権第19戦ブラジルGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。2回のフリー走行ともにウエット路面で実施された初日はいずれのセッションでもメルセデスのニコ・ロズベルグがトップタイムを記録。コンディションが良かった午前にマークした1分24秒781が初日最速タイムとなりました。

2番手につけたのは4連覇王者のセバスチャン・ベッテル。もう一台のレッドブルを駆るマーク・ウェバーが3番手に続いています。

ピレリはインテルラゴスに2014年仕様のプロトタイプタイヤを持ち込んでいましたが、初日はコンディションが悪くほとんど出番はありませんでした。

土曜日も降雨のインテルラゴス。気温19度、路面温度21度、湿度83%のコンディションです。予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。まずはザウバーのエステバン・グティエレスがコースイン。

マルシャのジュール・ビアンキが続き、ウィリアムズのパストール・マルドナドもガレージを離れます。

さらにウィリアムズはバルテリ・ボッタスもコースに送り出しています。マルシャからはマックス・チルトンもコースイン。

各車、ウエットタイヤを履いてインストレーションラップに臨んでいます。

ケータハムのギド・ヴァン・デル・ガルデが合流しました。

グティエレスは2周目に入っていますが、ビアンキとマルドナドはピットに帰還しています。

かなり水しぶきが上がる場所もあります。

レッドブルのセバスチャン・ベッテルやザウバーのニコ・ヒュルケンベルグらが始動しました。

システムチェックを終えてなおコースにとどまっているのはグティエレスのみ。1分34秒837を刻んできました。

ロータスのロマン・グロージャンもインストレーションラップに向かいます。

今のところタイムを計測したのはグティエレスのみで、他のドライバーは1周を走ってピットに引き上げています。周回を重ねるグティエレス以外にコースに出ているのはグロージャンのみ。

レッドブルのマーク・ウェバーが加わります。

グティエレスは自己ベストを1分34秒129に上げました。精力的に走り込むザウバー。

ウェバーも多くのドライバーと同様に1周のシステムチェックを完了してピットに戻っています。

続いてガレージを後にしたのはメルセデスのルイス・ハミルトン。少し遅れてニコ・ロズベルグも動き出しました。

ハミルトンはそのままコースにとどまるようですが、ロズベルグはピットに戻っていきます。

フェラーリのアロンソやマクラーレンの2台、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルもインストレーションラップを走っています。

ここでマッサがコースに入ります。フェラーリドライバーとして最後のグランプリに臨むマッサ。

まだコースに出てきていないのはロータスのヘイキ・コバライネン、トロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌとダニエル・リカルドです。

グティエレスは7周を走ってピットに帰還。ベストタイムは1分34秒129です。グティエレス以外にタイムを残したドライバーはいません。

コバライネンもガレージを離れました。

マッサは一度ピットに戻って再度コースに向かいました。

コバライネンは1周のみでピットに引き上げました。マッサもコントロールラインには向かわずピットレーンに入っています。

これで全車がピットに戻りました。トロ・ロッソ勢だけがまだ一度もコースに姿を見せていません。

ハミルトンがコースに出ていきます。

雨はかなり強く降っているようで、激しい水しぶきを上げながらハミルトンが周回しています。

ハミルトンは今回もタイムを刻まずピットに引き上げてきました。そして、そのままピットレーンを通過してコースに向かうようです。

ピットレーン出口でスタートの練習をやった後、コースイン。

ウエット路面の感触を掴んだハミルトンがピットレーンに帰ってきました。

コックピットで待機しているドライバーもいれば、マシンを降りて次の出動を待っているドライバーもいます。

セッション時間は残り35分。ここまでにタイムを記録したのはグティエレスのみで1分34秒129を刻んでいます。

トロ・ロッソのベルヌとリカルドはインストレーションラップもまだ走っていません。

ケータハムはシャルル・ピックに対してコックピットでの待機を指示。天候の変化が激しいため、走行のタイミングを逃したくないようです。

ザウバーのヒュルケンベルグとマルシャのチルトンが出てきました。

チルトンのチームメイト、ビアンキが合流。

少し上空の雲が薄くなってきたでしょうか。現在の気温は19度、路面温度は21度です。

ヒュルケンベルグはタイムを残すことなくピットに引き上げます。

チルトンは1分36秒654をマーク。ビアンキもタイム計測に入りました。

ウィリアムズのボッタスがコースに加わっています。

ビアンキのタイムは1分33秒412。グティエレスを上回ってタイムシートトップにつけています。

ケータハムのヴァン・デル・ガルデとレッドブルのベッテルがコースへ。マクラーレンのペレスも動き出しています。

ケータハムはピックもガレージを離れています。

ボッタスが1分32秒台に入れてきました。

メルセデス勢も加わったコース上は徐々に賑やかになりつつあります。

アクアプレーニングに苦悩するドライバーが多く、ベッテルもコントロールを乱してコースを飛び出す場面が見られています。

グティエレスが1分31秒121を刻んでトップに浮上。0.736秒差の2番手にベッテルが並んでいます。

1分29秒台に乗せてきたのはハミルトン! 路面は乾き始めているようです。

ヒュルケンベルグが3番手に上がってベッテルは4番手に。

ロズベルグはまだノータイム。フォース・インディアのスーティルが最初のタイム計測に臨んでいます。

スーティルは1分31秒610をマーク。ベッテルよりひとつ上の4番手に飛び込みました。

セッション終了まで15分を切りました。まだトロ・ロッソ勢は一度も走らず。

ようやくトロ・ロッソが動き出しました。まずはリカルドがコースに向かいます。

リカルドはひとまずシステムチェックを完了させてピットに戻ります。

すぐにまたコースに入ったリカルド。ベルヌはまだガレージにとどまったままです。

ウェバーがインターミディエイトタイヤに履き替えてコースに出てきました。

ウェバーのタイムは・・・1分29秒493! ハミルトンのタイムを0.487秒上回ってトップに立ちました。

ウェバーのタイムを見るに、今の路面コンディション的にはインターミディエイトタイヤの方が合っているようですが、まだ水たまりが多いところもあるため、いわゆる"クロスオーバー"ポイントに来ていると言えます。

ここでベルヌの登場です。リカルドはすでにタイム計測も終えて1分31秒978をマークしています。

ロータスのグロージャンもインターミディエイトタイヤを履いているようです。

ロズベルグやアロンソ、マッサ、バトンはタイムを残しておらず、残り時間が少なくなった現在、コースにも出ていません。

4人以外は少なくとも一度のタイム計測を完了しています。バトンにいたってはインストレーションラップの1周しか走っていません。

すでにピットに引き上げているドライバーも多く、半数ほどのマシンが走行を続けています。

チェッカーが振られてセッション終了です。

このセッションでトップに立ったのはウェバー。1分27秒891を刻んでいます。2番手にグロージャンがつけ、3番手はコバライネンでした。フェラーリの2台とメルセデスのロズベルグ、マクラーレンのバトンはノータイムでセッションを終えています。

予選はこの後日本時間深夜1時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!