ブラジルGP 2013

/ Commentary

フリー走行2

2013年F1世界選手権第19戦ブラジルGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後日本時間深夜1時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2013年F1世界選手権第19戦ブラジルGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。ウエットコンディションで実施された初回セッションはメルセデスが1-2を達成。ニコ・ロズベルグが1分24秒781のトップタイムを記録しました。

3番手につけたのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。引退レースに臨む相棒のマーク・ウェバーは6番手タイムを残しています。

ピレリは今週末、2014年シーズンに向けてプロトタイプのコンパウンドを持ち込んでいますが、先ほどのフリー走行ではベッテルが少し試しただけ。コンディションが良ければこれから始まるセッションで多くのドライバーが試す・・・はずでしたが、現在のインテルラゴスはウエットコンディション。

フリー走行1回目が終わった後、一時はドライラインが出ていたものの、再び雨に見まわれウエット路面となりました。気温20度、路面温度22度、湿度77%との表示です。間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。ほとんどのドライバーがマシンには乗っておらず、リラックスした表情で開始時刻を迎えています。

すぐにコースに出ようという陣営はいませんが、ケータハムのシャルル・ピックはコックピットに座っています。

セッションが始まって5分が経過、マルシャのガレージからマックス・チルトンが出てきました。装着しているコンパウンドはウエットタイヤ。ピットレーン出口でスタート練習の後、コースに入ります。

チルトンはデビューイヤーの今季、18戦すべてを完走しており、ここブラジルでもチェッカーを受ければ全戦完走を達成します。

チームからコースにとどまるかどうか決めるよう言われたチルトンは2周目に突入。コンディションはあまり良くないようですが、ドライブ続行を決めています。

チルトンは2周を走ってピットに戻りました。

続いてコースインするのはロータスのヘイキ・コバライネン。ウエットタイヤを履いてガレージを離れます。

チルトン同様にピットレーン出口でスタート練習に励んだコバライネンがインストレーションラップを開始。

チルトンの無線報告によると、ストレートではかなりすべってしまう状況のようです。水たまりも多くまともに走れないコンディションとのことでした。

フリー走行1回目は31周を走り込んだコバライネン。ロータスマシンでの走行経験を積んでいきます。

3周を走ったコバライネンは1分31秒658をマーク。さらに周回を重ねていきます。

フォース・インディアのエイドリアン・スーティルはモニタールームでエンジニアと打ち合わせ中。

ペースアップしたコバライネンが1分31秒210を刻みました。

マルシャのジュール・ビアンキが合流。

コバライネンはラップごとにペースを上げて、5周目のラップタイムは1分30秒台に入れています。

コバライネンによると雨足が強まっているとのこと。至るところでアクアプレーニングが発生していると報告しています。

ビアンキは1分34秒858をマークしました。

コバライネンはピットに帰還。ビアンキが周回を重ねていきます。

セッション開始から10分が経過。コースに出たのはコバライネン、ビアンキ、チルトンの3名だけで、うちタイムを残したのはコバライネンとビアンキのみ。

レッドブルのガレージからマシンが出てきました。ウェバーです。ウエットタイヤを履いてコースに向かいます。

ビアンキはベストタイムを1分33秒670に更新していますが、水たまりに足を取られる場面が度々見られています。

ウェバーはマシンに気流の測定機器をつけて周回中。

ウェバーのタイムは1分30秒645。コバライネンには0.108秒届きませんでした。

ケータハムのシャルル・ピックとギド・ヴァン・デル・ガルデがガレージを出発。

ウェバーが1分29秒フラットを刻んでトップタイム。

ウェバーは5周を走ってピットに戻ります。これでコース上はケータハムの2台が独占状態に。

セッションスタートから30分。ここでメルセデスのニコ・ロズベルグがコースに入ります。

ロズベルグもウエットタイヤをチョイス。まだインターミディエイトタイヤを履けるコンディションではなさそうです。

ザウバーがニコ・ヒュルケンベルグをコースに送り出しました。

ロズベルグは1分28秒873を記録。ウェバーのタイムを0.2秒上回ってトップに立ちました。

トップタイムを刻んだロズベルグは「これで十分だと思う」と無線連絡。ピットに帰るようです。

入れ替わるようにフォース・インディアのポール・ディ・レスタが合流します。

ヒュルケンベルグは1分30秒449を記録して3番手に。

チルトンは1分33秒後半のタイムで8番手。ディ・レスタもタイム計測に入っています。

ディ・レスタのタイムは1分31秒068でした。ポジションは5番手です。

ロータスのグロージャンとトロ・ロッソのダニエル・リカルドがコースへ。

これでようやく半分のマシンが走行したことになります。まだ残る11台は一度もコースに姿を見せず。

次にガレージを離れたのはウィリアムズのバルテリ・ボッタス。インストレーションラップに臨みます。

グロージャンが1分29秒台に入れて3番手に飛び込みます。

現在のオーダーはトップにロズベルグ、ウェバーが2番手に続いてグロージャンが3番手。以降はヒュルケンベルグ、コバライネン、ディ・レスタ、ヴァン・デル・ガルデ、リカルド、ボッタス、ピックが10番手につけています。

ビアンキとチルトンのマルシャ勢は11番手と12番手。これ以外のドライバーはまだインストレーションラップさえ走っておらずノータイムです。

セッションは前半の45分が終了しました。タイムを残した面々も多くがピットに引き上げており、集会しているのはリカルドとボッタスの2人だけ。

ウイングを調整しにピットに戻ったリカルドが再度タイム計測をスタート。

1分29秒862をマークしたリカルドは4番手にポジションを上げています。

コース上のリカルドにヒュルケンベルグが加わります。

リカルドは8周の走行を終えてピットに帰還。マクラーレンのセルジオ・ペレスがガレージを後にしています。

ペレスはシステムチェックを完了してタイム計測を開始したようです。

ペレスは1分30秒748を記録して8番手につけました。マクラーレンはペレスに対し、ウエット状態がひどいようならもう1周走ってピットに戻るようにと指示を出しています。

フェラーリは現在のコンディションでウエットタイヤを使う意味はないとして、路面状態の改善を待っているそうです。アロンソ、マッサ共にこのセッションは一度もコースに出ていません。

グティエレスがコースに入っています。ペレスはすでにピットに引き上げ、現在ドライブしているのはザウバーの2人だけとなりました。

ハンドリングに苦戦するヒュルケンベルグは11周を走ってピットに戻ります。

グティエレスは1分30秒723の8番手タイムを記録しました。

続いてウィリアムズのパストール・マルドナドがガレージを出発しました。マルシャのビアンキが加わります。

フェラーリドライバーが出陣の準備を始めています。

まだ雨は降り続けていますが、少しずつ走行を開始する陣営が増えています。

フェラーリは先にアロンソをコースに送り出しました。アロンソが選んだコンパウンドはインターミディエイトです。

アロンソより遅れてマッサもコースイン。

残り時間20分を切って、トップタイムは変わらずロズベルグの1分28秒873です。0.215秒差の2番手にウェバーが続き、グロージャンが3番手に名を連ねています。

インターミディエイトタイヤでタイムを残したアロンソは1分29秒410をマーク。

また少しコースに出るマシンが増えていますが、ベッテル、バトン、ハミルトン、スーティル、ベルヌの5人はガレージにとどまったまま、1周も走っていません。

ほとんどのドライバーがインターミディエイトタイヤに履き替えてコースに入っています。いずれもユーズドのインターミディエイトを装着しているようです。

ザウバーのヒュルケンベルグは引き続きウエットタイヤでの作業を続けています。

ハミルトンがブラジルGP特別仕様のヘルメットをかぶってコースへ。レッドブルもベッテルをコースに送り出します。

相棒のウェバーはKERSトラブルに見舞われているようです。

ベッテルは5番手につけた後、さらにペースを上げてロズベルグに0.066秒遅れの2番手に浮上。

ハミルトンとバトンは1回目のタイム計測中です。フォース・インディアのスーティルが最後にコースイン。

ロズベルグが自己ベストを1分28秒693に更新。ベッテルに対するタイム差を0.246秒に広げました。

ハミルトンはターン5でスピンを喫してしまいましたが、体勢を立て直して走行再開。

ベッテルが1分27秒台に入れてきました! ロズベルグのタイムを0.7秒更新してトップに立ちます。

ハミルトンが3番手にポジションアップ! チームメイトのタイムには0.2秒ほど届きませんでした。

一度、コースに出て1分41秒台のタイムを残したバトンはピットに戻ってしまいました。

ウェバーがセクター1とセクター2のファステストを刻み、セクター3を自己ベストでまとめて1分27秒829。ベッテルには0.298秒届かずポジションは2番手です。

バトンが再度コースに向かいました。

レッドブルのペースアップに応えるかのようにメルセデス勢も加速しています。

ロズベルグが1分27秒306を刻んでタイムシートトップの座を奪い返しました。2番手のベッテルのタイムを0.225秒上回っています。

トロ・ロッソのベルヌとリカルドがそれぞれ4番手と5番手に順位を上げています。

初日のセッションはここでタイムアップ。チェッカーが振られます。

まだ数名がタイム計測中。

全車がコントロールラインを通過して、トップタイムはロズベルグがマークした1分27秒306。2番手にベッテル、3番手にウェバーが続いています。

他にトップ10入りしたのは4番手から順にコバライネン、ハミルトン、ベルヌ、マッサ、ヒュルケンベルグ、リカルド、グロージャンでした。

土曜フリー走行は日本時間で本日23日(土)22時より開始されます。それではまた今夜お会いしましょう!